“2002/06”な記事

W杯。link

 仕事が手に付かない。

ICCお仲間系各位。link

 何だか私の周りではお目出度い話が続いてたりしております。

 ま〜、なんだ、感想言わせてもらえば「おっちゃんは嬉しいよ、やほーいやほーい」というところなんだけど、「人が一所懸命お仕事しているうちに、キミたちちょっとネタ仕込み過ぎ」とも言い張りたい。

まぁ、それなりに。link

 お仕事の方がちょっと空きになったので、W杯の間をぬってWebObjectsをチョコチョコといじって遊び中。あ〜、そういえば今月末で使用期限が切れるんだっけ。某クライアント様から「使いたいなら用意しますよ〜」とか言ってもらっているものの、まだまだ仕事で使える程把握してないし、情報少ないので「調べればなんとかなるでしょ」とも思いきれず保留。ん〜、期限延びた試用版が出てこなかったら自分で買うとするか……。

 私がやっているWeb系の仕事って大した事じゃないんですよ、他のに比べてもレベルが低いと思うし。「お金貰っていもいいのかなぁ」とか思った事もありますよ、もちろん今は「当然だ。いや、むしろもっと」て顔をしてるんですがーー。でも、今でも「よく仕事として成立しているなぁ」とは思うです。実績や実務経験もないのは言うまでもなく、まともに定職に就いた事すらないんだから、「よくやっている方だ」と自画自賛したりして。
 この一年程で「かなり成長した」と自負だけはしているんです。ですが、それでも矢っ張りまだまだで、全然甘いと言うか覚悟がないと言うか。そう感じるのは何も技術的な事ばかりではなくて、むしろ常識とか社会とか、そんな事の方が多かったりして弱るんですが、微妙に周りに恵まれているので助けられつつしのげています。私の周りの世の中はちょっと甘め?

 まぁ、いつまでもこんな感じでやれる筈がないし、5年後どころか来年だって仕事があるかどうかもわからない、仕事が出来るかどうかもわからない。先を思えば不安になりますよ、いや先を思わなくたって不安です。でもそれはサラリーマンやっても同じかなぁと。
 会社勤めが厳しい理由も去年発覚した事だし、しばらくはこの路線で。何年かでも生きていけたらそれで御の字でしょ。三十路にはなれそうだけどもーー今年の冬でついに到達ーー、四十路はわかんないし〜。

本日の兼行的。link

 FF Xは10日程前に無事終了しております。最後までゲームとしてはアレでしたけど、どうにもお話が気になっておりましたし、なかば意地になりながらも根性で。良かったですよ、不覚にもちょっと感動させられそうになりましたしねーーティーダとジェクトがーー。もちろんユウナに恋するティーダの気持ちはわからなかったですが。つぅか、キャラ名出すと、とたんにオタっぽい文章になりますですね。
 そんな訳で、今はグランディアをプレイしております。こちらはゲームとしてなかなか面白気なのですが、「視点を動かし過ぎて3D酔いで自爆」というケースが見受けられますーー三半規管が弱体化しておりますーー。じゃぁ、グリグリ動かすなってなものですが、「好きなんだよ、動かしながら移動するのが。察しろよ、このすっとこどっこいが」などと逆切れ……はしないで、まぁ、適当にゆっくりといきます。

 そうこうしているうちに、ついに発売ですよ、TRICK2のDVD。「あれだけ言っておいて買わないわけにはいかないでしょ。あぁ、買うさ」という私にとっては極当たり前の、何でもない普通の事象な訳ですが、母にとっては奇妙な現象らしく「もったいない。同じものを何回も観る人もいるのね」とか言われております。
 TRICK2超完全版のDVDボックスはちゃんと前作のDVD5枚も収納出来る様になっておりまして、さらにもう一枚分の余裕がありますから、「あぁ、ここに今冬公開の映画版のDVDが入るのかしら。ぁん、もぅ」などと妄想……しつつ、「とりあえず前作5枚を収納するのら」……の前に、もう一度最初から観ようという事で、結局未だ未開封。果たして何時になったら開けるのやら。こちらも適当にゆっくりいきますです。