“2004/02”な記事

re-Debut.link

 ガソリンスタンドへ行きまして洗車をお願いしました。すると担当のお兄さんがやってきて「クーラント液がそろそろですねぇ」と言います。私は「交換した方が良いって事」と尋ねます。そして続けて、「つか、クーラントって何」とも尋ねます。お兄さんは苦笑しました。
 そんな私ですが、この度、個人売買でオンボロのバイクを購入致しました、ホンダTL125です。古っ

 そう言えば、このページをやり始めた'96年頃はまだ車を持っていなくてバイク乗りでした。当時乗っていたバイクは維持出来なくて手放してしまったけれど、ずっとまたバイクに乗りたかったんだよね。今となっては逆に怖さもあるのだけど、転けたり事故ったりしない様に上手く付き合って行きたい。楽しみだな、乗るのが。

 そして、想像を超えるボロボロ感を醸し出していたそのバイクは、ブレーキが効かないなんていうクリティカルな問題が有ったりしたものだからバイク屋直行……。

WebObjects 5.2.2 と Java 1.4.2。link

 先頃Mac OS X用にも登場しました Java 1.4.2 絡みですが、「公式に WebObjects 5.2.2 は Java 1.4.2 に対応しているとは言えないよ〜」とAppleさんのMLに流れておりました。

 なんでも、「XML parser が変わっているからそれを扱うWebObjects独自クラスの振る舞いにえ〜って思う様な事が起きちゃうかも。起きちゃったら教えてね。はーと」という事だそうで、だったらXMLとか扱わない私の様な輩はOKなのかも。と言うか、OKぽいです、他のMLでの流れを見るに。
 まー、公式に対応を謳うのは例によって次バージョンでしょうし、「入れるな危険」勧告でもないので導入してもいいかも知れない。責任持たないけど。

re-Debut.の2link

 6、7年振りに以前使っていたグローブを引っ張りだしました。ちなみに右のは冬用ヘタれグローブで、中にゴアテックスが仕込まれていて若干厚手になっています。操作がし難くなる割に然程暖かくならない代物なのですが、無いよりは全然ましで愛用してましたです。

 当時(←と言うか今もだけど)RS TAICHIと言うつなぎメーカーが好きで、そこの製品を好んで買っていました。90年代初頭のGPを知っている方だと覚えているかも知れませんが、LUCKY STRIKEカラーのγで参戦していたスズキ等をサポートしていたメーカーで(の前のPEPSI時代もサポートしてたけど)、LUCKY STRIKEカラーだとナックルガード部は黄色なのですが、同時期に若井伸之と言うライダーがいまして、その人は青いヤツを付けて走っていたんですよね。

 その若井君は'93年5月にGP予選時に事故で亡くなったりしてまして、今でも現場のヘレスサーキットにはトレードマークだったフラミンゴの銅像があるし、そのレースで坂田和人はGP初勝利を飾ったなとか、その年原田哲也は250ccクラスでチャンピオンになったなとか、テレビ大阪の千歳屋さんの実況は熱かったなとか、個人的にも滅茶苦茶悲しかったなとか一気に思い出したりしてみました。

re-Debut.の3link

 とりあえずブレーキとか修理して返ってきました。でも、バッテリーとかウィンカーリレー(←うろ覚え)とかも要交換みたい。一応動作するけども不安定なんだってさ。

 で、久しぶりのバイクは気持ちよかったけども寒かったっす。そしてもちろん怖かったっす、バイク自体も自分の運転も(←夜だったってのもあるけど)。ちなみにカスタムが効いている、と言うより、そもそも解体屋掘り出し2個1モノだったりするので原形はいい感じに無いですよ、いんちきスカチューンやし。だものでかなりやかましくて恥ずかしいので、家の近所まで辿り着いたらエンジンを切ったりしたけど。
 しかしまぁ、なんつぅかイメージ的に前に進まなくて困った、ギアチェンジしても変わっている感じがあまりないし、エンブレはガンガンだし。4スト単気筒なんてものに初めて乗ったのだけどこんなモノなのかな。あ、コイツが根性無しなだけかもだけどね。

 あと、バイク屋のお兄ちゃんが「貰ったの、コレ」と「まさか買っちゃいねーだろ」感を振りまきながら聞いてきたのだけど、買ったのだよしっかりと、お金を出して。……やっちゃったか。

王の帰還。link

 すげぇ。感動した。泣けるし。

 戦のシーンとか凄惨過ぎて嫌悪感を覚えたりリアルに泣かされそうになったりするのだけど、その裏の人の覚悟であったり大義であったりも相変わらずちゃんと感じさせてくれるので、そちらも目を向けないわけにはいかない。別れ、再会、帰還、旅立ちと歓喜や悲観が入れ混じり、とにかく今回は泣き所が多くて、多くてもぅ……。
 最後の方、カタルシス過ぎてるからグダグダしちゃっている感もあるけど最終章っつぅ事で良しとして、期待を裏切らない確かなデキだと、必ず観ろと、3時間半だが気合いで耐えろと、SEEも楽しみだと、いやむしろ6枚組ノンストップバージョンDVDでも出してみやがれと、ひょっとして凄いモノ作っちゃったんじゃねーのと、斯様に言っちゃってみるものであります。えと、観た直後のテンションですのでアレですけど。

 どうでもいいですが、今作も高所恐怖症の人には悶絶しそうな構図満載でした事を付け加えておきます。

おバイク様。〜re-Debut.の4〜link

 一発でウインカー付かなくなるし、ガソリンは漏れてるしで再入院。なんでもヘッドライトがスイッチむししてバッテリーと直結されているらしく、それをキチンとした上でないとバッテリーを交換しても無駄無駄無駄ッっつぅ事で、そこからやってくれとお願いするものの、モノがモノだけに高く付きそうとか。
 この分じゃ修理代で本体価格を超えてしまいそうだし、元々あまりお金はかけられない感じだったのでだんだんと嫌になってきました。う〜う〜う〜

ゼルコレ。link

 「ゼルダコレクション」ついにプレゼントラインアップに登場。(任天堂)

 去年の暮れ辺りからずっと言われていたゼルコレ引換えの詳細。
 GCの「ゼルダの伝説 4つの剣+」を購入すると500 -> 150と大幅引換えポイント削減だそうなので、500ポイントも持っていない私はコレの為に買っちゃうかも知れない。つか、買う。

逆転裁判3。の3link

 終了。満足しました。

 前作と比べて難易度低めで強引な証拠等も少なめなので遊びやすいですし、ストーリーの方も以前登場したキャラを活かす等のシリーズモノの強みも絡めつつ、今作のみの伏線を重視した感じで良好。だけども、過去キャラを活かすと言う事はマンネリっぽさを醸し出してしまう弊害もあるわけで、「またコイツかっ」と思ってしまう事もしばしば。しかしながら、このシリーズはそういう過去モノとのリンクも魅力だったりするし、その展開がつまらないわけでも筋が通っていないわけでもないのでもの凄い勢いで支持したりします。

 実は私のGBAで最後まで遊ばれたゲームと言うのは数少ないのですけど、このシリーズだけは3本とも間で放置する事も無く一気にクリアしていますし、むしろ逆裁専用機の様相を呈する感すらあります。いや、他の積みゲーも片付けておしまいなさいっつぅ話なんですが。

おバイク様。の2〜re-Debut.の5〜link

 昨日の今日ですがおバイク様が返ってきました。ライトやウインカー回りのスイッチはもはや手に入らないって事で今のヤツをバラして掃除して使ったらしい。出来るだけ長持ちしてな、本当に。

 今回ので修理費用が本体価格をあっさり超えてしまったわけですけども、これから小ギレイにするカスタマイズに入りますので(←暖かくなる頃からね)まだまだお金がかかります……。