WebObjects 5.2.3 Update.

 WebObjects: About the 5.2.3 Update(Apple)

 登場しております。Java 1.4.2への対応とバグフィックス。

 えー、現在お仕事上の絡みがいっさい無い私はサクっとアップデートしてしまっているのでした。とりあえずこのblogアプリは普通にビルドできて実行できましたです、Mac OS X 10.3.3 + Java 1.4.2で。

 開発環境を5.2.3にしてしまったからには運用環境であるところのこのサーバ(←Linuxです)もアップデートせねばならないのですが、実はこのサーバ自体の存続が危ぶまれていまして、と言うか、私が「もう嫌だー」とか思っているので暫く放置するかも。
 最新のWebObjectsが使えてお安い(←もちろん「お安い」が重要)レンタルサーバは見かけないので自宅サーバでも導入したいところですけど、仕事場と生活空間が分離できていない私の部屋で寝ている時もパソコンがウンウン言っているのは気に障って仕方が無いので避けたい。て事で、適当なレンタルサーバで「久しぶりにPHPするか」と思わなくもないけども今さら面倒くさ過ぎるので、いっその事Movable Typeで「人様の作った環境にドップリ楽々ってのも悪くない」とも思ったり。でも、人様の環境じゃ逆に面倒だったりもするし、WebObjectsで作ったアプリの発表の場がないのは淋しいし張りがない。
 な感じでループするので結局のところ今のまま存続するしか無い様な。んー、このサーバが物理的にある場所には行きたくないのでダイヤルアップでいじくりまわすかなぁ、トラブラなければそんなに時間もかからないし。リモートで対処できない問題が発生したら、その時こそ考えるって事で。

 ーー追記ーー Mac OS X ServerとかでDeploy版をアップデートしたらStartupItem(←起動項目みたいなモノ)が無くなった。っていう不具合が出ている様です。あと、Solaris版の.shファイルが落ちてこないね。
 ーー追記ーー (勝手に修正済URI) だと落ちて来ます。恥ずかしいぞ、このミスは。つか、前のヤツを使い回せたのね、コレ。俺もハズい。
(←修正されました)