WebDAVとWindows XP。〜WebDAVと私。の2〜

 “マイ ネットワーク” -> “ネットワーク プレースを追加する”でウィザードを呼び出してURIを入力、ダイアログにユーザー名とパスワードを入力すると……。繋がらない、何度やっても駄目。ユーザ名もパスワードも間違っていないはずなのに駄目。

 WindowsXPに置けるWebDAVの扱いには元々くせがあって、認証時のユーザ名に「サーバ名ドメイン名\ユーザ名」を送りつけるのでそれに対応させていなければならない。昔やった時は、ユーザ名のみのユーザと、サーバ名ドメイン名つきのユーザと両方登録する事でごまかしていた(←面倒だけどな)。が、今回はmod_encoding付きなのでそのオプション、NormalizeUsernameをonにすれば上手く対応してくれるはず。けれども、認証失敗時のエラーログをのぞいてみたら似た様なユーザ名を送っているみたいなので(←\が無い)、そのユーザ名も登録し再度認証させてみる。でも、駄目。Digest認証が原因かと思って外してみる。駄目。ダメダメ、どうやってもダメ、ダメなモノは駄目。んーと思って、IEを立ち上げてそちらでやってみると、ユーザ名のみユーザ名で認証され普通に表示されるんだな。きいてんじゃん、動いてんじゃん。
 いったい何なんだこれはってんでグーグルさんのお世話になりながら調べてみても、なかなかコレといったモノが見つからない。が、ついにある記述を発見、「URIの最後に“?”を付けると上手く行くらしい」。何てまじないチックなんだっ!

 上手く行きました。“?”を付けてやるだけで、うその様にすんなりと事が運びます。と言うか、出てくる認証用のダイアログ自体が違うんですけど、コレ(←右の画像は上手く行く方のダイアログ)。
 ちなみに、そうやってアクセス出来たWebDAVなフォルダを見ている時のウィンドウの左側に現れたりする謎のフォルダ、“その他”タブ内の“Web Folders”にアクセスして、右クリック -> “新規作成” -> “Web フォルダ”で出てくるウィザードから行う場合は、“?”を付けなくても何の問題もなくアクセス可能。色んな意味でもの凄いなぁ。

 そうやって、先人達のご苦労のかいもあり無事アクセス出来る様になりました(←それでもエラーログを見るとボロボロ認証エラーを吐き出されているのよね、使えてるのに。ので、見なかった事にする)。が、まだまだ試行錯誤は続きます。次はMac絡み。