“2004/12”な記事

すごいら抜き。link

 省略後とか隠語とか大好きだし、所謂乱れた日本語なんてのも普通にOKな私だが、“すごく”の変わりの“すごい”と“ら”抜き言葉だけは未だに慣れない。ある意味鬼門。

地上波デジタル。link

 ワイドスクランブル観ていたら(←お昼を取る時はテレビを付けてます)、各局アナをそろえて地上デジタルテレビ放送のキャンペーンをやっていた。
 けど、「どうせ長崎市で電波流れるのは2006年末なんでしょ。あと2年もあんじゃん」的状況なので移行したくてもできない。つか、最後のアナログ受信者とか目指すし。

ニンテンドーDS。の2link

 普通に売っていたので買ってきてしまったー(←貧乏なのでポイント発動。貯めてて良かった)。

 しかも、ソフトは「君死ね」煽ってたくせにさわるメイドインワリオー。

 何もかも今まで言っていた事と違うー。

 ーー追記ーー
 下画面にドット欠けが二個ありやがる。久々に見たな。

丸山オランダ坂。link

 長崎の観光名所として知られる「オランダ坂」。名前にそれとなく風情を感じるのでそこそこ有名ですが、何の事はないただの坂です。まぁ、石畳なので美しいと言えば美しいですけど。
 と書き出すとイメージして頂ける坂は右の写真(←モノはアートワークスさんの)の様な感じだと思います。が、そもそも外国人が多く往来した道の事を総じてオランダ坂と呼んだとか何とからしくて、オランダ坂と冠した坂は外国人居留地一帯に多数存在しています。ちなみに、その昔、長崎では西洋人であれば国を問わず「オランダさん」と呼んだそうな。確かに鎖国時代では間違いではなかったのでしょうが、開国後も暫くそれで通ったそうですし、土地柄からいい加減なのね、矢っ張り。

 そんな風ですから、左の写真の様になんだかとっても貧相な脇道ちっくな路地とその周辺が「丸山オランダ坂」だったりします。えー、地元の人間もあまり気が付いていません。

大合奏!バンドブラザーズ。link

 公式

 「タッチパネルすげー、たのしー」と“さワリオ”で遊んでおりましたけれど、それだけじゃ物足りなくなって購入して参りました。なんと言いますか、ニンテンドーDSと言うハードは、作りが安っぽくて嫌になりますけども、触るのが楽しくてソフトが欲しくなるハードです。

 さて、私は音楽が好きであります。聞くのも好きでありますし、歌うのも好きであります。出来はしませんが、楽器を演奏する事だって曲を作る事だって興味はあります。そんな私ですから音ゲーも好きでありまして、これまでも数々のゲームを嗜んできました。それを踏まえた上であえて言いたい、あまたある音ゲーの中でこのゲームこそが一番楽しいのではないかと。
 もうまじで本当に楽しくてお気に入り、出来る事ならセッションとかしまくりやがりたい。なんで相手がいないんだっ!

 このゲームも従来の音ゲーのほとんどがそうである様に、音楽に合わせてボタンを押す事を目的としています。しかし、ボタンを押す目的は楽器の疑似演奏です。曲に合わせて自分のパートの楽器を演奏するのです。それぞれ最大8つのパートに分かれておりまして、ちゃんと楽器に合わせたそれっぽいアレンジになっています。ドラムやベースでリズムを刻むもよし、ギターやピアノでメロディを奏でるもよし。
 十字キー4方向にボタン6つ全てを使うので操作は難しいのですが、その分色んな音を自分で出せますし、音階を奏でている感も増して楽しい。ゲームの本筋とは関係ないところだけども、操作性向上の為にタッチパネルを活かしている辺りも良いです。

 是非ですね、昔麻疹っぽくバンドをやっていたとか、楽器をやっていてあまりの才能の無さにヘタれちゃった人とか……。ええと、はい、私です、私の事です。そんな人にこそお勧めしたい、買っとけ。

 ちなみにこのゲーム、元はゲームボーイカラー用に制作されていたとの事で、その後ゲームボーイアドバンス用になり、ついにはニンテンドーDS用になったそうな(←参考:『ゲームボーイミュージック』開発スタッフインタビュー)。お蔵入りにならなくて良かった。

最近のたくぅさん。link

 「いけないいけない、大人としてダメになる」。と思いながらもゲームで遊んでばかりの私です。まぁ、さしあたってのお仕事もとんとありませんし、人様へご迷惑をかける事がないのがせめてもの救いか。とか言い訳して今日もまた没頭するのであった。
 携帯ゲーム機のゲームにはまると、少しの時間でもさっと掴んで遊べるので危険なのよね。バンブラ楽し過ぎ、難しいけど。

 各ハレンチ系犯罪者集団スポーツ部は全て廃部にすればいいのに。

 某投手は引退させてしまえばいいのに。

 「え、何。ネットでも引きこもるの? そんな人は多くはないだろ」とか思った私の様な人の方が少数派になりそうな様相。と書いていて、招待されていない時点で「天然でネットでも引きこもっている様なもの」と気が付いた。えらいぞ、俺。

 来年石川県でWOのセミナーが開かれるなんて話を耳にした事もあってか(←正確には目にしたのですけど)、「ここは一つ長崎でもやれないものか」と寝る前の布団の中で思いつき、ボケた頭で一頻り妄想。眠る前から夢見がち。翌朝、私が個人で開いたところで人は集まりゃしないし、この手の話を持って行けそうな所にツテもないしとヘタれる。
 誰か変わりに企画しない? とココで書いても絶対に実現しない。だって訪問者が長崎の人である確立は殆どゼロだから。

 さて、バンブラでもやろー(←ダメ過ぎ)。

最近のたくぅさん。link

 相変わらずバンブラ。某友人、正確には某友人の息子(←保育園児)にDSを購入、正確にはその祖父にプレゼントさせる事に成功したので、そのうちセッションしに行く。後、弟の息子(←小学一年生)にもお年玉で購入させるべくプレゼン済み。ふふん

 WOセミナーは長崎県産業振興財団へお願いしているけれども、それなりに可能性も低そうなので他の道も探った方が良いのかも。と思いつつも、可能性が高そうな具体案は見いだせない。もし私がお金持ちなら無理矢理やっちゃうのだが。

 何か長崎県は賞を頂いたそうなんですけど、「考えねばならない」なんておっしゃっている「地場産業の活性化」には全くもってこれっぽっちも貢献していませんから。むしろ逆効果になっている事も見えないフリですか。
 オープンソース推進と言うと聞こえは良いですけども、実際はLAMP強要だし、実績欲しさに地元企業が安く落札して県外へ外注出して赤字。なんてのも良く聞く話。詳しくは申しませんけど、私自身は金輪際関わらない方向で生きていきたい。そんな風に思っとりますです。とか腹いせチックに言い放ってみる。

 久しぶりにエクセルで作業したら案の定^hトラップにはまる(emacs風キーバインドではバックスペースなんですけど、エクセルでは置換ウィンドウが開きます)。ことえり(←Mac標準のIME)内では効くのでさらに混乱。もうそろそろ、もろもろアプリCocoa基準になって欲しい。

称号はゴッド。〜大合奏!バンドブラザース。の2〜link

 昨日の夜からプロ★5に突入していて、3パート程80点以上を出せる様になったので挑戦してみたら、許容範囲残り1%で奇跡的に合格(←ランダムに3パートを演奏して、総得点240点以上なら合格。それに届かないまでミスをすると打ち切りになり、その目安が%表示される)。俺はやった、やってやった。
 実際80点以上出せるパートは選ばれず、しかもロックドラム3連発だったりしたわけですけども、結果的にはラッキー。でもまぁ、まだまだ全然やっていないパートが、えとプロ★3からゴロゴロしているので遊び続けるのだ。

 もう私はこの一本だけでニンテンドーDS経費全ての元取っちゃった感がありまして、ゲームボーイアドバンスはほとんど逆転裁判シリーズ専用機だった訳ですけど、DSさんもバンブラ専用機としてその使命を全うしたとしても後悔しない、むしろそうあるべきとかなんとか思っちゃったりなんかしちゃったりして。あ、恐らくDS版逆転裁判が発売されても同じ事を言うだろうけど。

大合奏!バンドブラザース。の3link

 公式

 ジングルベルのエディット用楽譜がPDF書類にて配布されております。

 試しに1パート入力してみたけど、エディット機能がわりと本格的なので驚いた。打ち込んで行くうちに形になっていくのが楽しいので、自作にはまっている人の気持ちがちょっとわかるなぁ。とりあえず残りも打ち込んでみよう。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)。link

 Potter maniaと言う程では絶対ないけれどもしっかりとやられた口ですので、シリーズ全て小説と映画は追っかけていこうと心に決めております。ので、DVDを惰性で買って流れで観てみました。一作目はいいとしても二作目で本当にアレだったので劇場公開時はスルーしてましたのよね。

 良いです。なんと言うか、こう、今風でくだけた感じが非常に宜しい。ネクタイの緩め方とか特に。

 作者であるとか熱心なファンであるとかは怒りすら覚えているのかもと思うのだけど(←ある種、これは別物だから)、これはこれで良いよなー。なんか自然ー。普通ー。相変わらず原作読んでいないとストーリーがわからないのではないかとちょっと心配なくらい駆け足で端折ってあるけど、映像や雰囲気だけでも楽しめるしー。と軽いノリでいたく楽しんでしまいました。

 監督が変わればこうも変わるのね、劇場で観たかったよ。でも、次作はまた監督変わっちゃうんだよね……。