押忍!闘え!応援団 の4

 わーい、クリアしたどー。

 このゲーム、タイトルだけみると何の事だかわからないのですけど(←実際私も見逃しかけてましたし)、音ゲーの一種です。ただ、音ゲーにしては曲数が少なかったりストーリーに凝っていたりします。一番の違いはその操作性で、曲に合わせてタッチパネルを突いたりスライドさせたりして遊びます。
 私のニンテンドーDSに置ける一押しソフト「大合唱バンドブラザーズ」は、本当のところニンテンドーDSである必要がなく他のゲーム機(←何だったらPSPででも)でも実現可能なわけですけど(←まぁ、元々GBA用のソフトだったりするわけですが)、今回の「押忍!闘え!応援団」はタッチパネル前提ですので他機種では実現不能。まさにニンテンドーDSならではの遊びと言えますのです。素晴らしい。

 しかしまぁ、不満がないでもなくて、タッチパネルを操作しているとどうしてもその操作している手が邪魔で画面が確認しにくくなる、更に付属のタッチペンは細く短く持ちにくいので狙いがブレちゃって大変、おまけに本体自体もデカく重いので片手で持っていると安定しないので辛い。みたいなのがあります。
 そしてそれを利用するかの様に、タッチしにくさ見えにくさで難度を上げている感があるのでこの辺りはもっと工夫が欲しい。まぁ、「次がどこなのか気が付かずに何度失敗した事かっ!」ていう愚痴なのだけど。
 ハード的な難な部分はGBAに置けるGBASPの様なモノも開発中だと思うので、今後の改善にも期待したいすね。