One Finger Snap

 Old Jewel Software

 実は私もApple純正のボタン一つだけマウスを使っていたりしまして、それは別に大した主張があったりする訳でもなくて、サイズがちょうどよかったりとかカーソルの動きが我慢できるレベルであるからとかそんな理由でありまして、ある意味消去法における妥協の産物であったりもして……。とか何もそんなに卑下する必要もないですね、はい。
 一応、ロジテックのマウスを持っていたりするのですが、純正ドライバのままこれを使うとカーソルの初速が遅くてイライラします。かと言ってメーカー製ドライバを使うと、カーソルの動きは満足できるのですが、スクロールホイールを使うとアプリ毎にスクロール具合が違ったりしましてイライラします。
 一番イライラしないバランスなのが現状では純正マウスなのです。

 なので、このクリックホールドでコンテキストメニューを表示という懐かしい機能を持ったユーティリティーにも引かれたりした訳でして、早速試してみました。そして、使うのを止めました。

 最初に試した時は1.0で、開くまでの時間の調整や画面エフェクトの有無もないモノでした。「せめて開くまでの時間は調整したい」と待ちを決め込むと、数時間後にはそれらを含むアップデート版が提供され始めまして再度試用。
 「あぁ、すげぇ、なんかいいかも、レジストしちゃうかもー」と思っておりましたが、何か操作感に違和感を覚えるわけです。なんと言うかコンテキストメニュー内の項目が暴発してしまう感じ、そしてスクロールアローを長めにカチカチしていると失敗してしまう感じ。
 見つけました。クリックホールドを察知するとわずかに右へカーソルが移動します、表示されたメニューの一番上の項目がいきなり選択されてしまっています。しかもこれはメニューを表示するしないに関わらずなので、スクロールアローの操作中に発動しますと場合によってフォーカスが外れてしまいます。

 て訳で、私的にはアウトでしたけども、モノ自体はイイと思う。