とりあえず5.3系。

 Xcode2.2.1をインストールしてからなんだかんだで触っていなくて、先ほど10分くらいいじってみた。えー、この.woaも5.3.1でビルドしたものと差し替えてます、運用環境は5.2.4のまま。

 Xcodeに含まれている新しいEO Model 設計ツールは、2.1から大分機能も拡張された様だしヘルプも日本語化されているので、然程困る事なく何とかなりそう(逆にツール内での項目が日本語である事に違和感を覚えなくもないけど)。ただ、左の画像の下の方にある、Internal Data TypeのFactory Method以下の設定が見当たらなかったので注意が必要かも。
 とはいえ、旧EOModelerも健在なので使い慣れたこちらでってのもあり。いや、むしろこちらの方が良いかも。正直言って少しちらかっている印象を受けたし、まだまだバギーで実行エラーも頻発する感じ。

 新しいWebObjects Builderも、ボタンが減ってメニューから呼び出す頻度が増した事が面倒と言えば面倒だけども、こちらは安定度が増しているし(←使い込む以前の段階だけども)、何よりビュー画面でのクリックやダブルクリックの反応がまともになっているのが嬉しい(←Mac OS X 10.4になったあたりからおかしくてイライラしていた)。こちらは代替案はないので慣れるしかないのだけど。

 で、実は何が嬉しいって、WebObjects BuilderもEOModelerも、5.3系にしたらShapeShifterが効く様になったって事だったりするけどさ。