5.3 -> 5.2。

 お仕事の関係上出戻りでございます(←「お仕事の関係上」ってプロっぽい←プロじゃないのか、お前は←プロですよ、自称だけど←自称かよ)。Intel入りMacでXcode2.0が動かない以上(←そして2.1からはWebObjects 5.3以降のみ動作)、前々から申しております通りいつかは移行しなければならないのですけど、世の中的にそれは今ではないみたいですよ。

 そんな訳で、お使いのMacさんが今風のIntel入りでなければダウングレードできます、少なくともMac OS X 10.4.5までは大丈夫、さっきやったから。手順はXcode2.2のアンインストール→再起動→Xcode2.0のインストール→WebObjects 5.2のインストール→再起動→ソフトウェア・アップデートからWebObjects 5.2.4へアップグレード。
 5.3用になってしまったプロジェクトは戻せないけれど、互換性がないのはプロジェクトファイルだけなので、5.3になってから新規に追加したコンポーネント等がなければすんなりといけます。あっても一手間二手間なので頑張って頂きたい。

 Xcodeのアンインストールには付属のPerlスクリプトを使い、ターミナルから

sudo perl /Developer/Tools/uninstall-devtools.pl

 と実行。
 WebObjects 5.2.4アップデートを適用する時に、

/Library/Receipts/WO524Developer.pkg

 が残っているとソフトウェア・アップデートで引っかからないので、以前5.2.4を使っていた人はゴミ箱に放り込んでからソフトウェア・アップデートをかけると良いです。