メトロイド プライム ハンターズ の2

 我々Wi-Fiな人達から熱く期待を寄せられているDS版メトロイド プライムですが、公式サイトが更新されてハンターやウェポン、アイテムなどの情報が公開されました。
 中でも気になるのは矢張り対戦モード。7つのモード、それプラス4つの詳細オプションが付く模様です。一つのモードで複数のゴールが選択可能ですし、ステージも全26種類と中々豊富なので、ステージによって遊べるモードに制限があるものの色々な組み合わせで楽しめそう。
 元来飽きっぽい上に、加齢と共にそれが加速している私には嬉しい限りです。これに続く熱いWi-Fiモノが登場するまで末永く遊び続けたいモノですからね、それなりに。

 Wi-Fi対戦に置けるノウハウの蓄積も進んだ様で、色々と配慮している事も感じさせます。実はWi-Fi対戦で遊ぶ上で一番難しいのは人材の確保だったりしまして、「4人対戦可能でも4人集まらない」なんてケースによく直面します。それは一重に私に友人が少ないからでありますけども、その少ない友人の中でゲーム好きとなるとそれはもうニッチで、Macユーザとかその辺といい勝負。もちろんWebObjecter程ではないけども(←やっているところもないが、やっている人もいないって某帝王様がおっしゃられてましたしー)。が、このメトロイドではComキャラを入れる事が可能です。素晴らしい、これでいつもの暇過ぎ3人でも大丈夫だぞ(←誰だよ)。
 チャットなどが無かった事も、それはそれで見知らぬ人達と遊ぶ分には必要以上に殺伐としない面で有効でしたが、コミュケーション取りながら遊ぶのも矢張り楽しいので導入されたのは喜ばしい、どう転ぶかは未知数ですけども。我々はSkypeさん必須でありますからどうでも良かったのだけど、チーム戦などでチーム内だけでメッセージやボイスのやり取りができるとしたら……。んー、楽しそう。
 ゴールが複数用意され、“やられたら終わり”だけでなく、“制限内で何回やられるか”でも競えるのも良いですね。テトリスDSの時にそうだったのですけど、私みたいな瞬殺されまくりヘタれ野郎だと、始まってすぐに遊べなくなってしまって、後は喋り担当みたいになりがちでしたけども、そういうのも避けられます。

 発売まで後一週間、待ち遠しい。個人的にFPSってジャンルから微妙だけど、ハマれるといいなぁ。