ハリー・ポッターと謎のプリンス

 読了、またもや最後の方は一気(←導入部分も面白かったので一気に近かったけど)。“前作にも増して暗いお話”、と評した前作にも増して暗いお話で、完結する次作には何だか悲壮感すら漂いそうな感じです。が、愛だの友情だのと甘っちょろい事も織り込まれているので、決して希望の持てないものではなくむしろ糧的な雰囲気でもあります。まぁ、宿命的なモノだったり、決意だったりに感じ入るところはありますけど。あ、ハリーさんに限らず周りの人物にもね。

 既に4作目以降ですっかり様変わりした様な印象すら覚えるこのシリーズですけど、次作はさらに変わった感じになりそうっすね。舞台すら変わりそうだし、珍しくあからさまな謎を持ち越していたりするし。
 とりあえず、あの人があの人にあんな事をしたのは確信があっての事だろうし、フラグも立っているのであの人は帰ってくるんじゃないの。という沢山の人が抱いている楽観的な予想を裏切るのかどうなのか。

 あー、後二年くらいはかかるだろうけど、今から待ち遠しいわー。