reiare081u2

 実は随分と前の改修なのだけど、“こめんと”のリンクをJavaScriptを切っている状態でも機能する様に変更した。と言っても何も特別な事をしたわけではなくて、“こめんと”のリンク文字列をJavaScriptで生成する様にし、<noscript>タグを追加して、そこへ従来の静的なリンクを仕込んだだけ。

 こうしておけば、JavaScriptを有効にしている、もしくは対応しているブラウザでは非同期通信を利用するリンクが表示され、そうではない場合は<noscript>タグ内の静的なリンクが表示される。問題はJavaScriptには対応しているけれどもXMLHttpRequest(とその類い)に対応していないブラウザへの対応なのだけど、現状では非同期通信中にエラーが返ってきたらアラートを出す様にして茶を濁している。リダイレクトするって手も考えたのだけど、手元にXMLHttpRequestに非対応の環境を持っていないし、エラーを出させるのが面倒だったので見送ったりした。

 prototype.jsのブラウザ間互換性もわりといけていて、このくらいの極簡単な処理では主要ブラウザに対応していたので気にする必要もなかったのだけど、JavaScriptのON、OFFへの対応は地味にやらざるをえなくて手間が増えた。前々から言っている通り、ブラウザ毎にコードを分岐して云々なんて事はもう懲りているので、これ以上の事をやるならflexなりなんなりを使ってしまった方が良いかな。まぁ、そんな高機能なサイトを作る事はないだろうけど(←意欲無さ過ぎ)。