JavaMailでメール送信。

 JavaMail API
 JavaBeans Activation Framework (JAF)

 そもそもWebObjectsにはWOMailDeliveryという専用のクラスがあったりしますのですが、マルチバイト文字圏の我々には正直アレな代物ですのでJavaMailを使用します。てわけで、これはWebObjectsかというと甚だ疑問が生じますJavaな話題です。
 上記リンクよりセットアップは完了しているとします、パスの通ったところにファイルを放り込むだけなので簡単です。あと、実行環境より利用可能なSMTPも用意できるとします。

import java.util.Properties;
import javax.mail.internet.*;
import javax.mail.*;
import java.util.Date;

...

try {
    Properties props = new Properties();
    props.put("mail.smtp.host", 利用可能なSMTPサーバ);
    props.put("mail.smtp.connectiontimeout", "60000");
    props.put("mail.smtp.timeout", "60000");
    javax.mail.Session mailSession = Session.getDefaultInstance(props, null);
    MimeMessage mimeMessage = new MimeMessage(mailSession);
    mimeMessage.setFrom(new InternetAddress(FROMアドレス, 差出人名, "iso-2022-jp"));
    mimeMessage.setRecipients(Message.RecipientType.TO, TOアドレス);
    mimeMessage.setSubject(件名, "iso-2022-jp");
    mimeMessage.setText(本文 + "\n", "iso-2022-jp");
    mimeMessage.setHeader("Content-Type", "text/plain; charset=\"iso-2022-jp\"");
    Transport.send(mimeMessage);
} catch (Exception ex) {
    ...
}

 な感じが基本。ですけど、Jakarta Commons Emailを使えば、もうちょっとだけシンプルにできて、

import org.apache.commons.mail.*;

...

SimpleEmail email = new SimpleEmail();
try {
    email.setHostName(SMTPサーバ);
    email.setCharset("ISO-2022-JP");
    email.addHeader("Content-Transfer-Encoding", "7bit");
    email.addTo(TO);
    email.setFrom(FROM);
    email.setSubject(件名);
    email.setContent(本文, "text/plain; charset=iso-2022-jp");
    email.send();
} catch (Exception ex) {
    ...
}

 みたいになります(←細かい引数とかはドキュメントを参照して下さい)。commons emailを導入する方がわかりやすくて断然お薦め。

 ちなみに、このやり方だと送信する度にSMTPサーバとコネクションを接続切断を繰り返すので、一気に多数のメールを送信する場合などには向きません(←ループでぶん回したりとか)。が、JavaMailを使えばコネクションを操作する事も可能ですので、もちろんその辺りも対応できます。さらに、WOLongResponsePageで結果のページを返しておけば処理が長引いてもタイムアウトにならずに済みます。