今年もおせちに燃ゆる。

 さて今年もおせちにコミットしました。えー、結局去年プラスアルファという事で、豚肉の角煮を追加しまして全4品(←黒豆、伊達巻き、栗きんとん)、AM10:00スタートで終わったのがPM8:00でした。まぁ、時間がかかるのは黒豆やら豚肉を煮込んでいる時間長いからなのですけどね。

 黒豆とか伊達巻きとかは今年になってからも何回か思いつきで作っていたりするので、わりとペースを掴んでいていい感じだったのだけど、今年も栗きんとんが辛かった、猛烈裏ごし地獄。もー、腕がぷらんぷらん。だが、こういう時の為に鍛えているのだ、体を(←違う)。
 ちなみに今年の栗きんとんは、去年の色みを悪さを反省し、参考にしているレシピ通りにミョウバン水につけたりくちなしの実を用いて煮込んだりとかしてみた。うん、何だかとっても奇麗。な気がする。それにしても、きんとんの3分の1は砂糖でできているので(←分量的に)、食べた後にちょいと後悔する食べ物である事が悲しい、好きなのでついつい食べ過ぎてしまう事も悲しい。あ、黒豆も似た様なものだけど。

 こういう事ができるのは思いっきり“ヒマ”であるからなので、来年はできないくらい忙しいってのもいいかもなぁ。