任天堂の宮本さんの海外誌インタビュー。

 Game*Spark - : 任天堂 宮本茂氏が本音の本音でゲームデザインを語る。海外誌インタビュー by riot_兄

日本では、不正な方法で全く税金を払っていない人たちがたくさんいます。税金を国に収めて社会全体を助けることを人々が理解している国がある一方で、日本ではそれが理解されていません。したがって「社会的な責任感」も、私がゲームで扱うべき問題の一つです。しかしそういった事を持ち上げるのは、きっと古い人間だと思われるかもしれません。

 立派な大人だと思った。

過去に私達は、社外の開発会社と共同でF-Zeroやスターフォックスなどのタイトルを手掛けました。はっきり言わせてもらうと、それらの作品の結果に私達は失望しました。コンシューマーはそうした作品のアイデアにとてもエキサイトしていましたが、ゲームの作品そのものは成功しませんでした。

 確かに商業的にも成功したとは言い難いものでしたね。

Wiiを購入した多くの人々は、ゼルダのようなソフトに興味を示すタイプの人々ではなかったと思います。そして、ゼルダをプレイしたいと思っている別の多くの人も(本体の品薄が原因で)Wiiを手に入れることができません。ともかく、ゼルダのようなロールプレイングに興味を持つユーザーは本当にごくわずかなのだと考えています。

 んー、私の様なオールドゲーマーからすると若干の淋しさみたいなものも憶えてしまうのだけど、紛れもない事実かも知れない。私はRPG的なゲームを好むと自覚しているのだけども、実際遊んでいるのはもっとライトなゲームがほとんどであったりするし、Wi-Fi対戦でちょっとだけみたいな事がメインになってしまっている。もちろんこれが悪い事とは思わないのだけど。