うすうす“Apple Keyboard”。

 アップル - キーボード
 アップル、新デザインの「Apple Keyboard」を発表

 今この文章も入力している旧型Apple Keyboardは見た目は美しいのですけど、キータッチはいまいち、そして大きいキーが引っかかるのが致命的ですし、新しいMacはまだまだ買えそうにないのでキーボードだけ買い替えてやろうかと思ったりしています。それとなく手元でUSB2.0機器を挿せるってのも重要な改良ですし、薄いキーボードは正義だと思っておりますので。
 ただまぁ、小型で私の好みっぽいApple Wireless Keyboardだと一万円超え(←+Bluetoothアダプタ)、そうでなくても6000円強とそれなりにそれなりなお値段ですね、どうせ打ち難いくせに(←勝手な偏見です)。

 新型iMacが店頭に並んで試し打ちできてから考えようかな、我慢できそうにないけど。あと、早いところJIS配列の写真も上げておくれ<サイト、それ見てどちらか決めるから。

ーー追記ーー
 アップル、国内で新iMac/iLife/iWorkの説明会を開催(PC Watch)

 上記記事内にあるJIS配列版の写真を見て即決、Apple Storeへ発注しました。もちろんJIS配列。

 「英数キー」が左によってしまったのは残念だけど、「かなキー」が左によったのは重要、大歓迎。従来のApple Keyboardは「かなキー」が凄く押しづらい、ホームポジション上に指を置いていると右手親指をかなり中へ入れないと押せない。その点、逆側にある「英数キー」は良い位置にあり少し左手親指をスライドさせれば押せるので良かった。今回左へよってしまったけど……。
 本音を言えば「かなキー」だけキーひとつ分左へ寄せてくれればそれで良かったのだけど、スペースバーが短くなりすぎる、ノートのキーボードと位置関係が一致するとか色々な理由があったのかも知れない。「英数キー」、「かなキー」だけでなく「コマンドキー」や「オプションキー」の大きさや位置も変わってしまうので(←特に左の役ものキーはひどいし、caps lockさんが不憫だ、caps lockはほとんど使った事がないけど)違う不満が出てしまうかも知れないけれども、とりあえず今は届くのが楽しみ。キータッチに過度の期待はしていないけど、薄さには期待しているし。