阿部典史さんがお亡くなりになりました。

 スポニチ Sponichi Annex ニュース クルマ
 MotoGP 速報ニュースサイト インテリマーク - ノリックが交通事故で帰らぬ人に

 オートバイレーサーの阿部典史さん(32)が7日午後6時20分ごろ、川崎市川崎区大島1丁目の市道でオートバイを運転中、Uターンしてきた横浜市の運送会社のトラックと衝突。阿部さんは病院に搬送されたが、全身を強く打ち、間もなく死亡した。

 ホンダのNSRを駆り17歳で全日本500ccクラスにデビューして最後のチャンピオン。左右で違う極端なリーンアウトのライディングフォームやそのスタイルにより和製ドゥーハンと呼ばれていたりしました。羽と星を基調にしたヘルメットのデザインも格好良かった。
 初めて参戦したWGP500ccクラスの日本グランプリではトップを走りつつクラッシュしたものの、そのパフォーマンスはバレンティーノ・ロッシの憧れの対象となり(←つなぎにひらがなで「ろっしふみ」とか入れていた)、引退し監督となっていたウェイン・レイニーの目に留まりWGPへの本格参戦の道を切り開いた。結果的にホンダからヤマハへ異例の移籍する事になったが、早い参戦を果たす為のやむを得ない選択だったのかも知れない。
 WGPでは時折素晴らしいパフォーマンスを見せるものの、常時トップ争いに絡む事やチャンピオンシップに置ける重要なプレーヤーとなる事はあまりなかったが、片山敬済以来の日本人ライダーによる500ccクラスの優勝を飾るなどファンを魅了した。
 その後、スーパーバイク世界選手権、全日本ロードレース選手権と活躍の場を移し第一線で活躍しているとは言えなくなったが、先日の日本グランプリのテレビ放送で解説者として登場し、同じメーカー所属のバレンティーノ・ロッシがタイトルを逃した事を自分の事の様に悔しがっていた。愛称ノリック。

 ご冥福をお祈り致します。ちくしょう、どうして交通事故なんかで逝ってしまうんだ。

ーー追記ーー
 ノリックが交通事故死、トラックと衝突 - モータースポーツニュース : nikkansports.com

 現場はUターン禁止だった。トラックを運転していた51歳の男性は、道を間違えて引き返そうとしていたといい、同署が自動車運転過失致死の疑いで事情を聴いている。

 プロライダーの事故なので普通の事故とは違うと思っていたが、こういう事だったとは。許せない。