MITメディアラボ教授“石井裕”さん。

 何故?問い続ける石井裕MIT教授のエンジニア哲学/Tech総研
 39歳でMIT教授!タンジブル・ビッツを生んだ石井裕/Tech総研

 その根底にあったのは、ハイレベルな知的飢餓感だ。「ハングリーでなければ何が食べられるか、何がチャンスかもわからない」。飢餓感とともに屈辱感も彼の燃料のひとつ。「最初は私だって馬の骨。高名な先生に会いたいと思っても、誰も会ってくれなかった。その屈辱を支えにしてきた」。その中で決して失わなかったのは、誇りと情念だ。

 しかし、肉体は死んでも、名前は忘れられても、あなた方が生み出したコンセプトは2200年になっても残るかもしれない。メメント・モリ。死を想いながら成し遂げる仕事。そのような仕事をしてほしい。

 私の憧れの人の一人である石井さんの講演の記事。

 凄い、格好いい。などと言っていても仕方がないことだけども、ただただ言うしかない……。パワフルだなぁ、心も体も。