“2008/06”な記事

“Mac OS X Cocoaプログラミング”を読んだ、ものっそい周回遅れで。link

 Cocoa Programming for Mac OS X

 いわゆするヒレガス本でございます。実は自分で購入したわけではなくて某方面様より頂いたものでありますけど(例のあれ(仮題)・寄贈品。←うわ、もう二年近く前なのか)、本国では第三版がでているこの時期になってやっと読了しました。やっと、やる気になったんです。や、やる気は前からあったのですけど。やっと少しだけ腰が軽くなったのですよ、最近は。

 これを始める前に何故か長崎市立図書館へ置いてあってびっくりした「たのしいCocoaプログラミング」をやりましたが、“たのココ”が二日程度でサクっと終わってしまうのに対して“ヒレガス本”は二週間くらいガッツリかかります、かかりました。

 2002年の本ですので、もちろん内容は古く必ずしも現在のそれにそっていない部分もありますが(←Project Builder時代の本ですから)、CocoaやObjective-C自体は然程かわっておりませんので柔軟に対応できると思います。Xcodeや新Interfece Builderに慣れる為にも自分で探ってみるのも良いのではないでしょうか。
 ヒレガス本はObjective-Cの本ではなくCocoaの本ですから(←Objective-Cは荻原本で是非)、各ツールを使ってGUIを作ってCocoaのAPIを叩くのが主です。実際にサンプルを作っていきます、順序立てて。その作業を行うのに現状と合致しない部分がありますので辛いかも知れませんが、画面を作るのは楽しいので(←嫌いな人もいますけど)何とか乗り越えて欲しいです。Interfece Builderは楽しいですよ、大好き!

 ざっと開発を始めるにあたり必要そうなところを取り上げていきますが、その解法のシンプルな事。ほとんど込み入った事をせずとも、必要な機能が実装されていきます(←もちろん最低限な機能なのですけど)。それは実際にコーディングする事であったりもしますが、各ツールよりチェックを入れるだけだったりもします。
 WebObjectsもそうなのですけど、予め先回りして用意している感じが凄く心地よい。まったくもう、いつまで経っても旧NEXTの連中の素晴らしさには開いた口が塞がらない、思い知らされる。

 ヒレガス本はこれからも読み継がれて行くべき良書だと思います(←荻原本もですけど)。そしてその翻訳本である本書も間違いなく良書です。是非改訂版も出版されて欲しいなぁ。
 Mac OS X上で動くアプリケーションの開発に興味を持つなら、必ず通るべき道ですよ。

“大合奏!バンドブラザーズDX”公式サイト開設。link

 大合奏!バンドブラザーズDX

 さて、あれは何年前の事になりますでしょうか。かのニンテンドーDSがローンチされたばかりの頃、発売日に購入しておりました私の心をガッチリと掴み、いつまでも離さないゲームがありました。そのゲームはお世辞にも“DSらしい”ものとは言い難いものでした。二画面を活かす事も、タッチパネルを積極的に使う事もなく。DSの機能を活かしているところと言えば、その増やされたボタンを全て使う事くらいでした。
 しかしそのゲームはボクを虜にし、当時ニートな暮らしを満喫していた私の時間を可能な限り奪って行ったのです。10時間は持つであろうDSのバッテリーを毎日充電し、その充電時間をもどかしく感じる程に……。

 そう、そのゲームこそが、件の“大合奏!バンドブラザーズDX”の前作であります“大合奏!バンドブラザーズ”! 待っていた、待っていたよ、ボクは。ワクテカが止まらない、止まるわけない!

 前作での鬱憤を晴らすかの様に、DSならではのマイクを使った“歌う”機能、DSならではのWi-Fi通信を使った“楽曲ダウンロード”機能、そしてまさかのWiiとの連携機能と、数々の新機能を引っさげて華麗に帰って参りました。
 これは買いですよ、間違いなく買いです、一人三本くらい買ってください、買っちゃってください! ボクは買えませんけど><

最近のたくぅさん。'08/06/07link

 週末になると気持ちが落ち込むのは微妙に心に余裕があったりするからだろうか。ぼーっとする時間が増えて贅沢だからだろうか。
 あ、言うほど平日も仕事に打ち込んでいるわけではないのですけど。と言うか、仕事は……うわなにあおいsづぼぴあうおいfだvjd;あlkdsv

 HDDが久しぶりに飛びましたよ。や、まぁ、RAIDを組んでミラーリングしていた一台が飛んだだけなので然程ダメージはくらいませんでしたけど、現在は普及しておりますし。でも、バックアップは重要ですよ!

 で、その飛んじゃったHDDは完全に逝ってしまわれたわけじゃなかったようで、フォーマットしたら認識する様になった。差し当たって買い替える気持ちが揺らいでしまっているので(←後述)、そのまま挿したままにしてだましだまし使っていたりする。流石にRAIDの一翼を担わせるわけにはいかないので、兼ねてより試してみたかったTime Machineの保存先として再利用。
 たまに、或は場所によってダマってしまうみたいなので予断は許しませんけども、取りあえずは使えております。

 Time Machine、今更だけどインターフェースとか無茶苦茶格好いい。うちのレガシー初代G5さんだとグラフィック処理がつらそうで忍びないけど。あと、Mail.appとかアドレスブックとか対応しているアプリだと、そのアプリのウインドウのままTime Machineできるのが凄くいい。使ってなかったし、Webとかで見てものきなみFinderのスクリーンショットだけなので知らなかった、ごめんなさい。知らせてください。
 内蔵Serial-ATA直結HDDへのバックアップなので150GB程の初期バックアップも4時間程で終了したけれども、普段のバックアップもそれなりに負荷がキツいような。あー、レガシーだからですか、そうですか。

 まぁ、そんなこんなもあり、新規にHDDドライブを二台購入して新たにRAIDセットを構築し、今内蔵しているメインのHDDドライブからデータを抜き出すべくHDDケースを購入して移行するくらいならいっそのこと、そろそろIntelのみというアプリケーション(←iPhone SDKとかiPhone SDKとかiPhone SDKとか)も増えてきたのでいっそのこと、雇っていただけていてお金に余裕がある今のうちにいっそのこと、何だったら500円玉貯金という恥ずかしい行動を清算する上でもいっそのこと、価格が改定されてお買い得になっているiMacがある今だからいっそのこと……。と思わなくもないわけです。
 しかしそうなった場合、この無駄に体格がおよろしいG5さんの処遇が問題になるので、このまま行きそうな気もするな。誰か引き取りに来てください><

 少し前にダンベルを購入したので平日にちょっとずつ筋トレの類いができるようになって嬉しい。嬉しいというか、病気的に良かろうなぁと。今月末にまた検査に行くつもりなので、結果が良いようならこの路線で行こう。更に悪くなっている様なら、また考えるか、いろいろ。

 最近、CocoaだのFlexだのをやっているのでそこらのメモを残しておきたいと思うけれども、なかなか纏める気になれない。試しているのは事務所使用のMacBookであるからその中のデータが必要になり自宅へ持ち帰らなければならないが、週末でさえ持ち帰るのを躊躇うくらいなので平日に持ち帰る気力もなく、かといって就業時間中にこのページの為に作業するのも気が引けたりもして……。
 あ、言うほど平日も仕事に打ち込んでいるわけではないのですけど。と言うか、仕事はも……うわなにあおいsづぼぴあうおいfだvjd;あlkdsv

“ザ・マジックアワー”を観て来た。link

 映画「ザ・マジックアワー=The Magic Hour=」オフィシャルサイト

 三谷さんは凄く好きだけど何となくタイミングで前作「有頂天ホテル」をスルーしていて、そしてそれが凄く面白かったという話を聞いて口惜しかった事もあり、「今回はタイミングも何もなく初日に行くぜ、行ってやるぜ」と観て参りました。夫婦連れ、カップルに周りを囲まれるなか一人で中段真ん中という良い席で。しかも、初日かつ時間帯が良かったからかも知れないけど、たくさんの人が入っていて嬉しかった!

 幸せでした。最近また贅沢病をかまして、と言うか、色々あり落ち込んでいたりもしますが(←例によって、です)、今日だけは、あの時間だけは幸せでした。
 「このところ笑ってないなぁ」という欲求不満も軽く解消。同じスクリーンを見つめる人達と一緒に何度声をだして笑ったかわからない。世界観、舞台設定、シチュエーション、佐藤さんの怪演、台詞回し……。どうしてあの人の作る話はボクのツボを押すんだろう、こんなにも><。
 笑わせるだけじゃなく、ホロリとさせるシーンもあるし、グッとくる台詞も多々あります。が、全編基本的に笑い。現実味がないようでちょっとだけある世界観、噛み合ないはずなのに噛み合ってしまう不思議な人間関係。荒唐無稽なのに予定調和なストーリーが展開されて行きますが、そんなのはどうでもいいんです、楽しめたんですから。この映画に関わった全ての人が大好き! マジックアワー、ボクも待っていたい!

 という観た直後のテンションを可能な限り再現しようとして書いてみた感想。実際はもっともっと感激して盛り上がってたよ、緩いから。そしてその反動で今(ry

日本語の衰退を危惧するdankogaiさん。link

 小飼弾@Perl Encodeは、1冊10分で本を読む/Tech総研

例えば、日本語の力が衰退すると日本語で高等教育が受けられなくなります。日本では日本語で博士号を取れますが、世界的に話し手が多いスペイン語でも、スペイン語が母国の国で博士号取得に英語が必要だったりします。

 困る困る困る。もうボクにはあまり関係がないけど、そういう事態に陥るのは嫌だ。

私は日本語にそうなってほしくない。言語の強さは経済にも直結するので、言語力の弱さは日本の国力低下も招きます。また、言語は文化的多様性の根本であり、文明の仲介者でもあるので、一言語の衰退はほかの言語にとっても危機を招きます。

 経済的にも困るが、文化的な面で凄く嫌だ。他言語の事はろくに知らないからあれだけど、日本語も同じ様に美しいと思うし、これからも使う人がいて欲しい。日本語大好きだよ!

MobileMe.link

 アップル - MobileMe

 凄く凄く良いと思います! 自宅と職場で複数のコンピュータを使っていたり、自宅だけだけれどもMacとPCの両方を使っている人とかにはかなり便利なのではないでしょうか。そしてさらにiPod touchを使っていたり、iPhone購入予定だったりするなら……。

 かく言う私もMacとiPod touchを使っておりますし、iCalはそこそこの利用度ながら写真の持ち歩きはiPod touchの超重要機能だと思っておりますので、iPhoneは買わずともこれだけは加入しようかと思ったりしています。久しぶりだなぁ、iTools(←古っ)。

いつかは履いてみたい、オーダーメイドな靴。link

 ABCマートが作る39万9000円〜の超高級オーダー靴ってどんなもの? 高級路線へシフトする理由は? - 日経トレンディネット

 今年は本当に月一ペースで行っちゃっていて現代のリーダーとしての資質を持ちすぎる私でありますから、普通の人よりはちょっとだけ、ほんのちょっとだけ靴への執着度が高いかも知れません。
 ので、この手のオーダー靴などにも興味がありますし、凄く憧れがあります。いつかは行ってしまいたい!

 ただまぁ、ビジネスシューズなんて年に一回か二回履くかどうか、なのですよね(←スーツもほどんど着ないし)。毎日毎日飽きもせずただひたすらスニーカー。