“2008/09”な記事

何気に長崎発、Java/Swingで動くシューティングゲーム。link

 ムトー研究所【シューティング・ゲームを作ってみた(その1) for Java/Swing】

 私のPower Mac G5/2GHz Dual、某所のMacBook/2.2GHz Core 2 Duoでも動作する事を確認しています!
 MacBookでは24FPSくらい出ていたけど、G5では8FPSとかしか出ないよ、残念な結果だよ。

 ちなみに、作者様は1000speakers@Kyushuでも講演されていた方で、その昔メガドライブで発売されていたりした「なんとかフォース」に関わっていたとかいないとか(←遊んでたよ、なんとかフォース)。これからも開発を進めてくれるらしいので要注目。

 んー、まともに動くMacが欲しい……。まともに動かすならWindowsらしいすけど。

ーー追記:2008/09/02ーー
 バージョン1.0.2を試してみたら、基本60FPS出る様になった! どんだけ高速化してんだ、どんな手使ったんだ!
 あ、ちょっとだけ裏側聞かせてもらったけど。

やらせてもらえるやれる事をやるよ。link

 久しぶりにWebアプリが作らせてもらえそうな雰囲気だったのでついついその気になって、「Smartyとか使ってみたい、なんだったらDjangoでやりたい!」とか言っていたら他の作業をする事になったっていう。
 いろいろ難しいみたいですよ、よくわからないけど。

 させて頂くモノですから、私はできる事をできる限りやるのみです。私がいるうちにFramework的なモノを全面導入して作るなんて事があるのかって思ったりしたけど、それはそれだし。

“ザ・マジックアワー”Blu-ray/DVDビデオ化決定。link

 三谷幸喜監督/脚本作、「ザ・マジックアワー」がBlu-ray/DVDビデオ化

 買いますよ、これは。邦画のDVDを買うのは始めてじゃないかな、ちょっと記憶にない。

 でも、このBlu-ray版の値段はないんじゃない。もう同じ様な価格帯でいいんじゃないかと思うのだけど。まぁ、プレーヤーを持っていないので関係ないけどね。

前歯を白くするらしい電動ハブラシ、“ Sonicare HealthyWhite”。link

 フィリップス、前歯を白くする電動ハブラシ発売 - ITmedia +D

 一日の水分摂取のほとんどをコーヒーで賄っているのではないかと思われるほど飲みまくっていて(←違いがわからないのでインスタントメインであります)、かつ執念深い程のブラッシングをしてしまう私にとって最適な製品じゃないかと思った。

Django 1.0 リリース!link

 Django 1.0 が遂にリリースされました。 | Djangoと日本の仲間たち

 ついにPython製WebアプリケーションフレームワークであるところのDjangoが1.0に到達しました、目出たい。

 思えば、私がDjangoなるモノに始めて触れたのは0.95がリリースされたその次の日でありました。これは狙ったわけではなくてたまたまそうなったのですけど、いいタイミングだったなぁとちょっと思っていたりして。そうそう、それまでPythonは憧れの言語で、かつ手をださないものだったので未経験でありましたよ。ある人に薦められてちょいとやってみようと思ったレベル。
 その時はチュートリアルだけやって、「なるほど面白い、格好いい」とは思ったのだけども、当時ほら、WebObjectsとかが大変とても微妙な時期だったりしたからさ。なんとなくもうちょっとこっちでみたいな気分だったし、今でも“WebObjects >>>>>>> Django”みたいに思っているくらいだからあまりその気にはなっていなかったりして。

 でも、その数ヶ月後、色々と状況に変化があったりもして、気持ち的にも色々やってみたくもあったので、とりあえず自分で使う用のブログっぽいものを作ろうとしてみた。あー、某スパムの人のblogkitとかいうのを凄く参考にさせて頂きました(Djangoのblogキット | スパムとか)。いや、あまり面影がないという話もあるけど、元がそういうものだからそういうものなんじゃないの。
 でまぁ、別にそのアプリを「れいあれ」として採用する気なんてなかったんですよ、本当は。やってみたかったから作ってみただけ、そんなノリですから。当時のこのページはWebObjectsで稼働していて、意地でも維持してやるとかそんな気持ちも強かったですし、前述の様に“WebObjects >>>>>>>>>>>>>>> Django”とか思っていましたから(←まぁ、比べる様なモノじゃないのですけどね)。実際、最初は別ページとして公開していたりもしました。
 しかしまぁ、色々思うところあり、こっちでいいかなとお乗り換え。レンタルサーバにも移行できて、部屋も静かに奇麗さっぱり。ソースも垂れ流して今の様な体制に。

 現在はDjangoどころかPythonにすら縁遠い生活を送っておりますので、1.0への追従は全くできておりません。できておりませんが、「そのうち!」という気持ちだけはありますよ。なんだかんだで大好きであります、PythonもDjangoも。これからも超よろしく!

Objective-CとCocoaをWebに持ち込みまくる“Cappuccino”。link

 Cappuccino Web Framework
 280 Slides - Create & Share Presentations Online

 以前、Objective-Jを主に取沙汰されて、「Cocoaの移植も有り」と注目されておりましたが、この程晴れてFramework込みで公開となりました。凄いですねぇ、変態ですねぇ。
 どのくらい実装してあるのかが気になりますが、280 Slidesを見る限りかなり実用的なレベルみたいです。実用的というかなんというか、よくぞここまでな気持ちでいっぱいです、いっぱいですとも。
 もちろん、私自身は気力がないので触れておりませんが、かなり凄くとてつもなく触ってみたいものであります。以前チマチマと遊んでいたSproutCoreとも比べてみたいものであります。

 多少の知識を仕入れた現段階では、SproutCoreの方が好みかなぁと思ったりしています。やっぱりWeb側からの人間としては、Cocoaである事よりWebの知識が活かせる方が有り難いですものね。逆を言うと、Cocoa側からの人はCappuccinoの方が有り難いのだろうけど、そういう人はすくないだろうなぁ。
 どちらにせよ、これからもお互いに切磋琢磨して行って欲しい!

それなんてWebObjects。link

 DjangoCon2008 - アクセンスのおまけ - Trac

究極的には、ストレージはRDBMSでなくても対応できるような気がしてきました

 それなんて(ry。

今後の課題として、DBの実装にカップリングしない集約メソッド(sumとかcountとかavgとか)を挙げていました。

 だからそれなんて(ry

 WO厨のウザさを全力でアピール。

 期待してるよ、Djangoさん。

Xbox 360の実績を熱く語る実績を持ちたいです。link

 Xbox 360の独自システム「実績」について、達人が熱く語る!

 噂には聞いていたけれど、これはアリ、全然アリ。むしろフカケツなんじゃないの、めちゃくちゃ楽しそうじゃん。

 ただまぁ、Xboxさんは何かとお金がかかるのよね、ネットワークとかも有料でありますし。それだけのサービスを提供しているって言われると弱いんだけどさ。

Objective-Cを学ぶ連載記事。link

 Objective-Cは特殊な言語? - @IT

 iPhoneバブルのお陰でこういう連載が増えるかもですね。非常によろこばしいです。とかいうObjective-Cとは隔離されたかの様な生活を送るボク。

 私はObjective-Cを本格的にやりたいなと思って始めてから(←今だ始まってない気もする)、ちょっとだけしか学んでなかったC言語の必要性を感じて再入門したクチですので、@にも特に抵抗がなく、というか「このコンパイラディレクティブが格好いいんじゃないか、キメラっぽくて」とか思う輩です。
 何にでも統一感がないのは嫌なのですけど(←ええと、ほら、キーバインドとか、命名規則とか)、統一された統一感の無さは好きです、凄く好きです。