今風な複数のEOEditingContextの使い方な記事。

 David LeBer : reBeLog » Using multiple EOEditingContexts

 EOEditingContextを体験していない人に、「他の」とか「一時的な」とか「入れ子にした」とかのEOEditingContextの面白さ、素晴らしさはなかなかピンと来ないと思うのですけど、キャッシュ付きのトランザクションをいくつも勝手に作れるとでも思ってください(←怒られそうだけど)。
 以前ですと、Jonathan Rochkindさん謹製のMultiECLockManagerのお世話になるのが常でありましたが(例のあれ(仮題)・MultiECLockManagerを適当に使ってみた。)、最近はProject WONDERのERXECを使うみたいですね。まぁ、当たり前か、いくら大元のFrameworkが変わらないからって、いつまでも使っているとは限らない。

 パッと見、素のEOEditingContextと同じ様な感覚で使えるみたいなので、Project WONDERを導入済みの向きにはいいかも知れない。使っているところがあるかどうかは知らないけど。