“2009/06”な記事

数学を再始動、今のところ中学生レベル。link

 私はドロップアウトしている人間ですので高度な数学を学んだ事はないのですが、そんなモノじゃなくて、もっとこう基本的な高校生レベルくらいの数学を数年前からもう一度学び直したいと思っていたのですけど、例によってグダグダで後回しになってまったく手を付けていませんでした。高校生レベルの数学を学びたいと言っても、それにはまず中学生レベルの数学も必要になりますので、先が長いなぁ、面倒だなぁと。
 ところが最近ちょいとキッカケを頂いてしまって、それを解くのにインターネットで調べて勉強とかしちゃったら、なんとなくその気になってきてしまったので、「このイキオイを大事したい、大事にすべきだ、超大事だ!」とか思って本当に始めちゃいました。まずは方程式から! 一日一時間取り組む事が目標!

 そんなわけで、数学でも「解ける喜び」ってヤツを感じておりますし、もっと感じていきたいですね。

 とはいえ、先はかなり長いし、頭の方もあまり優れてないので既にわからない所があるし、正直どこまで行けるか分らないです。下記の本、全シリーズは終えたいのだけどなぁ、何年かかるかなぁ、気持ちが続くかなぁ、生きているかなぁw

好きになる数学入門〈1〉方程式を解く―代数 (単行本)
4000066714
好きになる数学入門(1)(楽天ブックス)

ThemePark 4.0a1。link

 Unsanity.org: Mighty Mouse with Some Theme Sauce

 記事自体は Mighty Mouse という Unsanity さん謹製のマウスカーソルカスタマイズツールがメインのネタなのですけど、それよりも注目されるのが ThemePark ネタであります。

 Mac OS X 10.5 は個人的にも非常に好きなバージョンとなりまして、まぁ、嫌いなバージョンというのもあまりないのですけど、いろいろな不満点なども解消されている素晴らしいOSだと思うのですけど、何が気に食わないって ShapeShifter が動かない事ですよね。あ、ボクだけですか、あーそうですか。
 とはいえ、件の記事の冒頭で ShapeShifter will never be updated for Leopardとか言われてしまっていて、分っていた事だけども明確に書かれるとガッカリしちゃうわ、残念だわ。その後、やってられない理由が続いたりするのですが、まったく道が閉ざされているわけでもなくって、新しい ThemePark を使えばできるよーと。

 Magnifique とかあるので始めてのテーマツールというわけではないのですけど、一つの選択肢としていい感じになってくれればなぁと思います。もちろん Magnifique にはお世話になっておりますけど、強引なんだもの、いろいろ。
 私は一切貢献できませんけどね、だってボクの Mac じゃ起動すらも(ry あー、本当に買い替え時かなー。

IPSパネルで、かつお求めやすい価格の様な気がする24.1インチディスプレイ。link

 三菱電機 三菱ディスプレイ:ワイド液晶ディスプレイ RDT241WEX RDT241WEX(BK)【PC Watch】 三菱、IPSパネル採用で7万円を切る24.1型WUXGA液晶「RDT241WEX」経由)

 IPSパネルマニアで、かつ貧乏なのでこれが欲しいです。でも、ナナオ好きというオールドタイプでもありますので、これと同じパネルを採用したナナオのディスプレイが出たらそっちのがいいです。

 RDT241WEX で楽天市場を検索

PHP Function Reference というDashboard Widgets。link

 andrew.hedges.name / widgets

 あー、なんか久しぶり。Mac OS X 10.4がリリースされてすぐくらいの時にはもっと取り上げていた様な気がするけど、とんとご無沙汰でありました。が、最近新規に導入したWidgetsがありますのでご紹介。どこ経由なのかは忘れてしまった、ごめんなさいごめんなさい。

 そんなわけで、複雑怪奇なPHPの関数名を覚える気のない私に最適。日本語でも表示できます。
 とはいえ、体系だってまとまっているわけではないし、関数名の一部でもわかっていなければ探し出せない感じなので微妙だけどね。

 PHPはマニュアルが充実している辺りは素晴らしいですね、これはPHP3くらいからそう。尽力してくださっている方々のお陰だなぁ。

Ken Blockさん再び。link

 KEN BLOCK新作ジムカーナ映像 from HiroIro経由
 例のあれ(仮題)・Ken Blockさんの練習風景。

 Ken Blockさんがニューマシンで例の如く。3分過ぎ辺りの「落ちる落ちる」みたいなとことか悶絶。鋭角Vターンも健在。炎に包まれつつ笑顔であります。

 まったくもう、いったいどうやったらこういう動きをさせる事ができるんだ。

今更ながらjQueryでJSONPを使ってみた。link

 Ajax/jQuery.getJSON - jQuery JavaScript Library
 throw Life - 超シンプルなJSONP入門

 JSONPがなんであるかは上記リンク先のページを見て頂きたいのですけど、JSON形式でデータをやり取りする事によってAjaxでドメインを越えるやり方です。Ajaxというか、XHLHttpRequestを使って通信する場合はその仕様によりドメインを越えて(ざっくり言うと違うところのサーバに)通信する事ができません。別にJSONPなるモノを使わなくても幾つか方法があって、他のサーバとやり取りする部分を同じドメインのサーバ上に作って、そこにアクセスしたりすれば可能です。
 さて、JSONPとかいうモノが具体的にどうやっているのかというと、JSON形式のデータを引数とした関数コールを記述し、scriptタグで外部ファイル読み込みをする事で実行しているらしいです。外部ファイル読み込みはドメインを越えられますから、どこにあっても構わないというわけですね。かしこいなぁ。

 そして、我らがJQueryさんは、そんなJSONPを簡単に使える様な対応をしてくれています。今回超今更ながらそれを使ってみました。

$.getJSON("http://hogefuga.net/api/json.php'&callback=?",
  function(json) { ... }
);

 こんな風に書くだけで済みます。scriptタグで読み込んだりする必要がない!

 呼び出しURLの最後にあるcallbackというのが若干キモなのですけど、こうやって記述しておくとjQueryさんはその後に勝手に文字列を追加してくれます。そして、その文字列を関数名としてgetJSON関数内で指定された処理用の(コールバック)関数を定義して準備してくれます。呼び出された側のサーバにはcallbackという名前のQueryStringで受け取り側のコールバック関数名が渡る事になりますから、その文字列を関数名として関数コールな内容で返すと無事にJSONPな処理が完了。します!
 受け取り側のコールバック関数には無名関数を利用する事もできるので、そのまま処理を書くことができます。こうする方がJavascriptっぽいとか勝手に思っているので例ではこちらの方法を用いています。

 ちなみに、呼び出される側の処理ですが、PHP5.2以降であれば、

$array = array('hoge' => 'fuga');
echo $_GET['callback'] . '(' . json_encode($array) .');';

 とか書けてお手軽お手軽。

 よいです、なんか格好いいです、JSONP!
 ただ、基本がscriptタグでの外部ファイル読み込みで関数コールですからエラーが取れません。取れないというより取りようがありません。setTimeout() ででっち上げたりするのが一般的みたいなので、そういうのも書いてみました。次はその辺を気が向いたらー。

最近の出没先。'09/06/15link

 土曜日は午後から筋トレをやっていますが、できる限りガッツリやる、そして夕方前に終わるので時間的に余裕がある、って事で近くのベンチでカロリーの無い飲み物を飲みながら一休みしたりしております。
 観光客の皆様などを眺めながら、「ありがとう長崎へきてくれて。そしてごめんなさい、何もなくて」とか思ってニヤニヤしたりとか。ニヤニヤする意味がわかりません。

 犬の散歩していたらそれなりにそれっぽく咲いていたので撮影。
 うちのご近所にはわりと紫陽花があります。私のうちにもあります。

 ながさき出島道路というやらしい名前の道にある、オランダ坂トンネルというやらしい名前のトンネルへ続く橋の下。
 もちろん見るとガッカリする事でお馴染みのオランダ坂の近くです。

 ランタンフェスティバルのメイン会場の一つでもある湊公園にある門。この門をくぐると一応ステージっぽい施設があります。
 かかりつけの病院がこの近く(中華街を抜けた辺り)なので、この公園の裏にある駐輪場を利用してます。

昔のMacではテーマ機能が標準搭載されるはずだった。link

 山中俊治の「デザインの骨格」 » 幻のMac OSTwitter / panpot: 山中俊治の「デザインの骨格」 » 幻のMac OS ...経由)

 うろ覚えでだらだら適当に昔話しまっす。その昔Mac OS(OS Xじゃなくて旧9系ね)にはCoplandというコードネームのOSがあって、これはバージョン8になる予定のものだったのだけど、壮大なネタ振りの結果いろいろな事情で頓挫してしまって結実する事はなく、結局これとは別物のOSがバージョン8として提供されたりした。もちろん頓挫したとは言っても全てが無駄になったわけでじゃないから、完成していた機能は切り分けられて提供された。Mac OS 8のプラチナって呼ばれる見た目もその一つ。ポップアップウィンドウもそう。
 で、Mac OS 8.5の目玉機能として(個人的にはそうだった)ルックアンドフィール変更機能、テーマ機能も搭載される事になった。当時から見た目の雰囲気を変える事が大好きだった私は震えました、喜びに。とはいえ、Coplandの迷走の間にKaleidoscopeというテーマ機能を追加するユーティリティが登場していて、もちろん私も使っておりましたから欲求はそれなりに満たされていたのですよね。

 Appleからいくつかのテーマ書類が提供される事になっていたので、High-Tech、Gizmoなどのテーマが発表されていた(Copland開発時より)、もちろんその中の一つとしてプラチナがあった。そして、Mac OS 8.5のプレビューで(多分WWDCだったんだろうと思うけど)件のDrawingBoardが公開され、それを私は某雑誌で見て一目惚れ。「あぁ、早くこんな画面で操作したい」と胸を踊らせたものでした。まぁ、結果厳密にはこの想いは叶う事がなくって、非公式な形で叶ったのだけども。
 開発者に配布されたバージョンにはこれらのテーマ書類が含まれていたものの、最終的には提供される事はなかった。それは見た目の統一を図るべきとの判断があったともされるし、切り替え時に安定性を欠いたためとも言われた。実際その後流失したテーマ書類を適用していると見た目が崩れたり、フリーズするケースはまま見られた。

 そんなこんなで、Mac OS 8.5のテーマというコントロールパネルはプログレスバーやスクロールバー、強調色を変えられるだけの中途半端なモノになりましたとさ。めでたしめでたし、じゃねー。

 そして時は流れてOS Xの時代。ShapeShifterというユーティリティによりMac OS Xにもテーマ機能がもたらされ(その前はシステム書類を書き換えるという少し恐い形で実現してましたが)、DrawingBoard風のテーマも発表され(dxbというguiKit書類)……。という事もありましたが、Mac OS Xも10.5になりShapeShifterが対応できなくなりましたので手詰まり。
 でも、最近ThemaParkがアップデートされたし望みはない事ないかも。

最近のたくぅさん。'09/06/21link

 色々書くネタあったけど、全部すっとばして今週は鬱なこのシリーズをエントリー。

 500円玉貯金というあれな事をやっておりますが、久しぶりに中をチェックしたら想像を越える額だったりしたので、嬉しいというよりちょっと引いた。でも、まだまだこれからも上積みするぜ!

 先週、自営業時代に大変お世話になった方が長崎を訪れたので、ガッツリおもてなしをするつもりで思いあまって酔いつぶれて介抱してもらうという偉業を達成しました。久しぶりです、潰れたの。

 血液検査の結果が残念な人らしく残念な結果で、とか言えないまでも微妙な線で凄く気持ちが萎えたというか、抜けたというか、やってらんないというか、やめてやるぜとかそんな感じ。
 まぁ、でも、更に悪くなるのは恐いので決意が固まるまでは続けるの、そしてそのうち馴染んで惰性で続けてるのさ。

 本人自覚はない、わけじゃないけど、傍目からみて所謂草食系らしくって、それじゃダメだと言われ軽く失恋感。しかしまぁ、昔からこういう感じなので、今更変わるのもしんどいわね、どうやったらいいのかもわからんわね。
 引きこもりの走りであり、ニートの先駆けであり、生粋の草食系。時代がやっとオレに付いてきたぜ。追い風吹いてる、ネガディブ方向に。

 自分の事にしか興味がないけど、自分の事なんてどうでもいいんだ。

 数学は続いてる、今日はサボっちまったけど。数学というか、学ぶというか、できなかった事ができる様になる喜びを伝えきれないのが口惜しい。問題解けたら気持ちいいし、楽しいじゃん。感じて欲しいなぁ。

 本格的に梅雨到来って事で、しばらくバイクに乗るのは無理かなぁ。長崎市では路面電車が走っていて軌道敷きあり、かつ運転がヘタクソな私なので雨の日は恐くて乗れんのです。昔乗っていた頃もなんどもうっちゃられそうになったとです。水と金属の組み合わせは嫌いです。

 そんなわけで、雨の日は乗らないので安心な私は、FTRの後部をフェンダーレスにする決意を固めました。いっそ前も外したろかなー。