コーヒーミルを導入した。

 最近あれやこれやと散財しているネタばかりですが、もはや本当にやけですね、公(おおやけ)です、違う。

 大変ありがたい事にコーヒー豆を送って頂いたのだけども、既に我が家にはコーヒーミルなんてモノが存在しておりませんでしたので購入しました。そういえばコーヒーメーカーをリプレースしたときに「もういいや」なんて思ってミルなしのお安いヤツをチョイスしたのでした、そうでした。そもそもインスタントとか簡易ドリップでOKな人ですもの、そうですもの。
 というわけで、豆を送ってくれた方の薦めもあり件のミルを購入。ついでなのでドリッパーも購入、今回はメリタにしてみました。

 見た目通りコンパクトにまとまっていて手軽に扱え、なんだったら持ち運びできそうなサイズです。刃の部分も取り外せるので掃除や洗うのも楽ですね。セラミックの手触りがなんとも言えず好きだったりします。
 普通のミルと同じ様に、上から豆を入れてハンドルをまわすと挽かれた豆が下へ落ちるという構造ですが、片手で握って固定してハンドルを回すというスタイルになりますから、なんとなく斜めとか横とかにしたい衝動を押さえなければなりません。衝動が起きるのはお前だけ。

 美味しいかどうかの判断はできませんけど違いくらいはわかるので、大変楽しんでおります。これまではインスタントコーヒーとかをちゃっと入れて飲んでいましたけど、これからはコーヒーを入れる段取りから楽しんで行きますよ。
 毎回やるのは面倒だし、インスタントコーヒーは別物の飲み物として楽しめるのでこれからも飲みますけど。