憧れのNSR。

 '90と'94は真剣に欲しかったなぁ、貧乏すぎて買えるはずもなかったですけど。

 今でこそめっきり人口が減ってしまったバイク乗りですけども、80年代には空前のバイクブーム、レースブームというのが沸き起こっていて、ちなみにそれに一役買っちゃってたのが、かのハチロクを豆腐運びマシンとしてリバイバルさせてしまったしげの秀一さんが描いていたバリバリ伝説だったのですけど、それを受けてレーサーのテクノロジーを街乗りにフィードバックというレプリカマシンが各メーカーが発売され、レプリカブームも巻き起こってかなりのモデルがそろっていました。そもそもはワンメイクレース用のベース車として市販されていたのだけど。
 その中でも最強最速のカテゴリにあった250ccの2サイクルマシン、そのホンダ車がこれ。まぁ、それ以前は2st500ccのバイクも市販されていたのだけど(他メーカーですが)、バイクの免許制度が変更されて400cc以上のバイクが……という流れもあります。あと、メーカーの自主規制とかもね。

 その頃の様子が垣間見えるかの様な動画を以下に。

 もう二度とこんなバイクは市販されない……。