“2009/12”な記事

あらふぉー。link

 11月30日が誕生日でありましたから、また一つ惑ってはいけないらしい年齢へ近づきました。今回の重ねでガチで後数年という事になりましたね、早い早い。
 まぁ、誕生日を迎えたって急には何も変わらないし、ここまでこの状態で来てしまうと死にたいくらいの感情しか湧かないのですけど、とりあえず飲んでみましたよ、おっさん二人で。有り難いです。

 もうちょっとだけ頑張ります。これまで本気すぎた部分はちょっとだけ抜けるように、これまで本気ではなさすぎた部分はちょっとだけ入れるように。できるかなぁ。

最近のたくぅさん。'09/12/13link

 生きてますよ、一応。死んでいるみたいなものだけど。いつもにましてチラ裏なので、うざいの嫌いな方面は読まない方がいいかも。

 “Scalaスケーラブルプログラミング”、途中放置期間を経て何とか読了。正直疲れた、しんどかった。難しいよ、頭悪いよ、オレ。そのうち感想を書いておきたい、へたれっぷりの記録として秀逸なものになりそう。なるかい。

 ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii、DS版の時に「操作感がもっさりしているのでスルー」とかいう発言をしたのですけど(例のあれ(仮題)・ぷちレビュー。〜New スーパーマリオブラザース の3〜)、Wii版も同じような感覚を覚えましたね。買っちゃってるけど。

 「昔の自分の偉大さを知るにはスーパーマリオブラザーズ2を遊んでみればいい」と熱く主張して参りましたが、そんな事をしなくともニューマリオを遊べば自分の劣化ぶりをまざまざと見せつけられます。こんなにゲームがヘタだったのか、私は。

 TOHOシネマズ長崎だと3Dスクリーンがあるらしいので、そのうち観に行きたい。そういえばまだ行った事がなかったし、3Dにも興味津々だし。

 この一週間ほぼ引きこもり状態でありましたが、病気って怖いね、エゲつないね、本当に死ぬんじゃないかなって思ったよ。まさかこんなに辛いとはね、シャレにならないわ。

 頭や顔、体への吹き出物だけじゃなくて立て続けに口唇ヘルペスまでできた日には、「人間の体って怖い、何これ」って思った。

 内科の先生から受診を勧められた時は自分では病気だとか何とか思っていなかったのだけど、まぁ、今もあまり思ってはいないのだけど、ある時なぜか冷静になって見直してみて認めざるを得ないというかそんな感じ。やっぱりこれは変だわ、とか。

 一日中ずっとしんどいわけではなくて、日に何度か、長くて数時間ほど発作的に陥ってしまうのだけど、それが過ぎてしまえばわりと普通に平気で夢だったような気さえする不思議。最中は本当に苦しいんだけどなぁ、体も。見えないからわかってもらえないけど。あ、自分でも夢みたいって思うくらいだから当たり前か。

 嫌なだけなら我慢もできるのだけど、体に出てくると辛くなってできなくなるんすよ。そして、原因がそれと気が付かないのも厄介なところで。実際ボクは持病が原因だと思っていたし、今もそうじゃないとは思い切れていないけど。両方という線もあるからいいのかな、そこはどちらでも。

 まぁ、甘えと言われればそれまでだし、そう思わなくもないです。

 怒りはそれなりに表へ出した方がいいらしいのだけど、そうすると色々と軋轢を生むので難しいよなぁ。他の場所、他の形で出せればいいのかもしれないけれど、それができていればこうはなっていないだろうし。
 処世術じゃないけど、自分が我慢して引き受けてしまえば済むならって考えてしまう。気持ちを表してぶつけてもどうにもならないって思っているから。どうにもならない上にさらに傷つくから。そして、引き受けずに済ませるためにそこから離れていく。やんわり逃げ出しているんだな。

 気負うことなく楽に生きたいのかな、自由に。気負わせて苦しめて縛っているのも自分なんだろうけど。

NetBeansでScalaでLift。link

 Welcome to NetBeans
 The Scala Programming Language
 Lift – The Simply Functional Web Framework – Home

 何となくNetBeansでLiftのプロジェクトを作ってみましたよ。

 ScalaJa - NetBeans Wiki

 上記ページを参考にNetBeansをインストールして、Scalaプラグインを有効にします。ちょうどNetBeans 6.8がリリースされたのでそちらを再インストールして、ナイトリービルド版を適用しました。
 NetBeansの方はこれだけでOK。

 プロジェクト作ります。“ファイル”→“新規プロジェクト”でダイアログを表示してMavenプロジェクトを選択します。Maven原型リストの“リモート Maven リポジトリからの原型”の中にLift関連の原型がいくつかあると思うので、“lift-archetype-basic”を選択します。
 プロジェクト名、グループID(パッケージ名に使われる)、保存先などを指定して“完了”。

 一通り土台的なファイル群が指定の場所に生成されるので、とりあえず動かしてみましょう。プロジェクトウィンドウでプロジェクトを選択して右クリック→“カスタム…”→“ゴール…”を選択。表示される“Maven の実行”ダイアログ内の“ゴール”へ“jetty:run”と入力して“了解”をクリック。
 出力パネルにログがずらずらと表示されjettyサーバが起動されたら、http://localhost:8080/へアクセス。おーおーおー。

 引き続き、公式のStarting with Liftをさらっとやってみるのもいいかもしれませんね。

Universal Chardet Support For NetBeans 0.1link

 Universal Chardet Support For NetBeans — Project Kenai
 へびのぬけがら: Universal Chardet Support For NetBeans 0.1 リリース

 NetBeansはエンコードを指定して開いたりとか変更したりとかのファイル操作ができませんよね、何だか知りませんけど。

 NetBeans

 上記サイトによりますと条件付きながら方法はあるようで、それぞれファイルの内容に合わせて埋め込めという事のようです。そして、埋め込まれていない場合、埋め込めない場合はシステムのエンコーディング設定に寄るのだそうです。Mac OS X 10.6の場合はSJISでしたっけ、確か。
 でも、埋め込めない場合の方が多いですよね。件のページにも肝心のJavaのソースには埋め込められないって書いてあるじゃないですか。このテンプレートエンジンが全盛のおり、ページ全体のHTMLファイルってのも少ない、むしろ部分的なHTMLのみを記述したファイルの方がメインですからmetaタグもそうそう埋めないです。

 一応エンコードを自動判定して開くみたいな事はやってくれているみたいなので、日本語を使う際などには一旦別のエンコードを指定できるエディタで開いて編集し、それをNetBeansで開き直す事で帳尻を合わせられたりしますが、面倒です、やってられません、だったら最初からNetBeansとかあれなもの使いません、使いたくありません。
 そんな私を助けてくれたプラグインがこれ、Universal Chardet Support For NetBeans。バージョン0.1ですし、リリースされたばかりのようです、なんといいタイミング。流石空気が読めるな、読め過ぎるな、俺。お前か。

 オープンダイアログだけじゃなくて、プロジェクトウィンドウから選択→右クリックで開けたりするようになればもう最高なんだけど、十分実用的。本当に感謝。

ペリエでハイボール。link

 ペリエ ハイボール - Google 検索

 最近またブームになっている事は存じておりましたし、最近ちょっと行き過ぎじゃね的な居酒屋さんでもちょいちょい飲んでいたりしましたが、先日風呂上がりにペリエをグビグビやっていたら、ふと「どこかでペリエでハイボールを作ったとかいう話があったな」とか思い出したので、とりあえず定番でお求めやすい感じの角を1000円ちょっとで買ってきて、一人でやるのもあれだなぁと思ってお隣りのご夫婦(両親世代)も巻き込んで両家合同で忘年会よろしく試飲会を開催したら、なかなか好評でほぼ一瞬、あぁ、言い過ぎだけどもものの数時間で一本あっさり空いてしまい「もうないのか」くらいのいきおいだったので、また開催しようと思いました。あ、ボク抜きで開催してください、お酒とペリエだけ用意するので。
 そんな流行りモノにもめっぽう弱いたくぅさんでございます。

 そんなこんなもあり軽い気持ちでググってみたら、少し前にブログ界では「響12年とペリエでハイボール」の盛り上がりがあったんすね、そしてそれを私が見かけていたと。むー、響12年すか、ざっと角の4倍の価格(楽天調べ)の響12年さんすか、飲んでみてぇ。
 この年末年始はちょっと贅沢をして何本かウイスキーを用意しておくのもいいかも。あと、炭酸水と氷もね。

“More with symfony”、日本語版も絶賛公開中。link

 More with symfony 1.3 & 1.4 | symfony | Web PHP Frameworksymfonyのフォームフィルターの活用 +α : アシアルブログ経由)

 今月頭に1.3/1.4がリリースされたsymfonyさんでありますけど、アドベントカレンダーとしてドキュメントが鋭意公開中であります。これ毎年やってるのかな。
 で、今回は日本語版も同時公開って事で、今後益々のご繁栄をーとか思ったり思わなかったり。

 symfony 1.3/1.4 の新しい機能 | symfony | Web PHP Framework

 1.3/1.4でもかなり進化したみたいですね。1.3と1.4の違いは非推奨の機能を含むか含まないかだそうです、こういう公開の仕方もあるんですねぇ。

 一応symfony押しです、私。ちょっとやって全然触っていないけど、気が向いたら機会が合ったらまたやってみたい。

“こころ”の手紙を実際に書いてみた記事。link

 @nifty:デイリーポータルZ:「こころ」の手紙を実際に書いてみる

 ボクは漱石が好きだし、“こころ”も大好きなので猛烈に感動した。

 確かにそうだわ、こんな量になるわ。これはまた久しぶりに読み直さないといけないなー。一応漱石だけはほとんど持っているよ、もちろん文庫本だけど。

きっかけ。link

 先週、私的にはかなり良い経験というか勉強させてもらった感のある事に関わり、密度の濃い数日間を過ごしたりした。これまで全く知らなかった世界で全く知らなかった人の事の話を聞いて、考えて、話し合ってみたいな感じの。
 でまぁ、その数日間は人の事をガッツリ考えて逆にちょっとすっきりしたりとか、何だか他人事に思えなかったりしたりとかいろいろ。

 人間、何がきっかけになるのかわからないね。今年はもうすぐ終わってしまうけれど、来年はいい年にするよ。いい年にしたい。いい歳だし。だじゃれかよ。

ただ今模索中。link

 ここのところ体調やら心調やらがよろしい時に言語とかフレームワークとかを学んだり遊んだり弄ったりしていたのは、久しぶりに個人的にWebアプリでも作りたいと思ったからで、思えばこのblogアプリ(+あさましい感じの)以来個人的に何かを作ったのってないよなぁと。
 まぁ、作ったものは自分でも使いたいのでblogっぽいものにするのだけども、もうちょっと拡張してCMSっぽいものにしたい、いろいろ盛り込みたいし。

 blogやらCMSやらってのはオープンソースものとかもたくさんあってありふれているし、題材としても今更なのでわざわざ自分で最初から作る必要性ってないのだけど、他にあるから、他の人がやっているからというのは考えない方向で。そういうのを考えるほうだけど、考えていると何もできない、何もやらないので。
 もちろん革新的な何かを生み出せたら素晴らしいけど、そういうを思いつくくらいなら既に取り組んでいるのよ。

 今のところあれこれ妄想しているけど具体的には何も決めていなくて、どういう環境の上で作るのかすら未定、模索中。妄想するだけなら只なので、こうなりゃ専用のフレームワークからとか一時期は思ってましたねぇ。
 風呂敷は大きくいきますよ、暇つぶしなんだから。多分畳まないけど。

勝手に食べ放題な記事。link

 @nifty:デイリーポータルZ:勝手に食べ放題

 食い意地が張っている僕はきっといつかまた見たくなるに違いないと思ったのでエントリー。

 食べ放題いいですよね、やってみたい。私がやるには飲み放題よりも勇気が要るけど。
 ちなみに私が飲みに行くときは基本的に飲み放題オンです、ガッツリきっちり飲みます。お酒とウーロン茶を両方用意してい置いて飲むのとか好きだし、結構ずっと飲み続けているもの、制限時間内。まぁ、飲み放題じゃないと料金の方が気になってあまり楽しめないってのが一番大きかったりするけど。小せえ、小さ過ぎる。