雰囲気だけでもPythonicな感じで。

 PyChecker: a python source code checking tool
 Python Package Index : pep8 0.5.0

 Perlさんでは“-cw”というオプションを付けて実行する事で構文チェック的な事を行う事ができるのですけど、GoogleさんのPythonスタイルガイドを紹介した時に、Pycheckerというツールを使って同じような事を行っていると知りまして、「あ、これだな」と使うようになりましたが、さらにPythonさん標準のコーディング規約に沿っているかチェックするpep8というツールもある事も知りましたので試してみました。
 Pycheckerはソースをダウンロードして setup.py で、pep8 は easy_install に対応しているのでコマンドライン一発で、どちらもお手軽に導入する事ができます。

 て事で、先日垂れ流した waitcontroller.py に pep8 を適用してみましたら、

risa:Desktop tac$ pep8 waitcontroller.py
waitcontroller.py:12:1: E302 expected 2 blank lines, found 1
waitcontroller.py:66:16: E701 multiple statements on one line (colon)
waitcontroller.py:97:10: E111 indentation is not a multiple of four
waitcontroller.py:122:80: E501 line too long (83 characters)
waitcontroller.py:263:1: W391 blank line at end of file

 などと言われたので試しに修正してみたりして。んー、細かいなぁ。