HDMI -> DVI-Dとmini DisplayPort <-> DisplayPort。

 足掛け3年くらいかかってやっとの事でPS3を購入したわけですが、こういう輩ですので自室のテレビも当たり前のように20インチの厚型テレビだったりしましてフルHDどころかハーフHDでもない否地デジ対応です。
 とりあえずかろうじてD1端子が付いているそのテレビへ接続したものの、いまいち釈然としないわけです。ゲームを遊んでいる分にはさほど感じないのですけど、メニュー画面などで感じる違和感、それは昨今のテレビ番組にも言える事なのですけど、文字が小さいのですよね。みんながみんな大型テレビを使っているだなんて思わないでくださいっ。
 でまぁ、一応リビングにはそれっぽいテレビがあるのですけど、私にとっては忌々しい居間以外の何ものでもないので家族がいない時に人知れずゲームを遊ぶなんて嫌だ、かと言ってせっかくHD対応のゲーム機なのにSD過ぎる環境で遊ぶのも勿体ない。とかまぁ、ぐじぐじと考えていたら目の前にフルHDな画面があった、そうMacで使っているディスプレイNANAO FlexScan 23.0型カラー液晶モニター ブラック EV2333W-HBK。DVI-D、DisplayPort、D-Subの三系統の入力を装備してます。

 PS3のHDMI出力をDVI-Dへ変換すれば接続できるのだけど、そうするとmini DisplayPortをDVI-Dに変換して接続しているMacと排他的になってしまって面倒。少し前にmini DisplayPortをDisplayPortに変換するアダプタが発売されていたなぁと思い出して探してみたら、アダプタどころかケーブルがありました。どうせmini DisplayPortを装備しているのはMacくらいしかないので変換アダプタを使って普通のDisplayPortケーブルで接続した方が使い回しができていいかなとも思ったけれども、そもそもDisplayPortを装備した機器って一つも持っていないからケーブルでいいやと購入。お陰でAppleさん純正のmini DisplayPort to DVI-Dアダプタが余っちゃいました。新ハード購入フラグか。
 ただ、このディスプレイのDisplayPortはちょっとクセがあるようで、というかこのディスプレイはちょっと外れプロダクトのようでいろいろと不具合じゃないけど、不都合的なものがちらほら。DVI-Dで接続していた時は大丈夫だったのだけど、DisplayPortはスリープから起こすときの反応が遅いようでちょっと遅れてMacに認識される事がある。そうするとデュアルディスプレイ化(ただし通常サブ画面は電源切られがち)している私の環境ではウィンドウがサブディスプレイの方に強制移動させられてしまう時があって軽くイラっとする。
 他にも入力ソースの切り替えが急に利かなくなったり、砂嵐画面が表示されたり、いずれも電源を入れ直したら直るけれども若干怪しい作りです。ナナオのDisplayPort搭載機としては最初の方の製品などで上手く設計できていないのかも知れないですね。こんな目にあっても相変わらずのナナオ好きです。