Dreamhostさんにmercurialを入れようとしてみたところ。

 当blog的なページはDreamhostさんによるレンタルホスト上にDjangoをインストールして動いていたりします。今ではDreamhostさんでも普通に最初からDjangoがインストールされていたりするようですが(Django - DreamHost)、実は結構前からのユーザでありますから自前でPythonからインストールしたりしています。そんな事ができるところも魅力のうちでしたね、Dreamhostさんは。今となってはあれですけど。
 そんな感じですから、わりと自前でもろもろ適当にインストールしたりするのですけど、先日久しぶりにmercurialをアップデートしようと思いましたら、setup.pyではエラーが出てしまいましたので調べてみました。

 Couldn't import standard bz2 (incomplete Python install).ていうエラーメッセージですから、どうやらDreamhostさんにはbzip2が入っていないみたいですね、確認はしていないけれど、少なくとも自分でPythonをインストールしてもbzip2に対応したPythonにはならないようで。
 と言う事は、bzip2を自前領域にインストールしてPythonをインストールし直してからmercurialのsetup.pyを実行すれば良さそう。良かったです、実際。

 bzip2 : Home

wget http://www.bzip.org/1.0.6/bzip2-1.0.6.tar.gz
tar xvfz bzip2-1.0.6.tar.gz
cd bzip2-1.0.6
make
make install PREFIX=$HOME/opt(自前インストール領域)

 これですんなり入りました。その後予定通り、Pythonを再インストールして、mercurialのsetup.pyを実行してOK。
 しかしながら、Mercurial - DreamHostをみると、setup.pyじゃなくてmakeすれば入るみたいっすね。まぁ、いいです、すっきりしたから。