“2010/11”な記事

ちまちまリニューアル中。link

 フィードで配信している記事の個別リンク先も新しい方のURLと差し替えたのでお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、ここ一週間ほどでちょっとずつページの表示方法とかを変更しております。livedoor Readerとかでご覧のみなさまには何の影響もないと思いますので、無視してください。
 一応今風のブラウザならそれなりにそれっぽく不具合なく見れると思いますけども、/blog/の後ろに1.0をつけてhttp://reiare.net/blog/1.0/としてアクセスするとこれまでのページが表示される様になってます。

 基本的にセマンティックなマークアップに憧れつつなんちゃってHTML5化を目指しているのですけど、結局IEさんたちがあまりに強情だったのでsectionだとnavだののタグは諦めてしまって、中途半端にキメラっぽくなってしまいました(IEさんたちが強情なのは下記のJavaScriptを使用している事も原因です)。多分一番悪いやり方になってしまったのだと思いますけど、とりあえずこれで行くしかと甘えています。
 あと、記事のデータはJSONで返してJavaScriptで整形という形を取ったのでJavaScriptをオフにしているとなにも表示されません。Ajaxというものを、Gmailというものを知ってからずっとこんな風にできればなぁと思っていましたが、時期的な事とか、Googleさんのbotの事とかを考えるとなかなか実行に移せませんでした。が、先日のtwitterさんのWebクライアントのリニューアルとかで、Googleさんのbotの対応状況なども知りまして(#!付きのURLとか)、まぁ、ぼちぼちやっていいんじゃないかと勇気をもらったりしましたよ。

 ここいらの話もそのうち小出しにしていければなぁと思ったり思わなかったり。

Ken Blockさんのジムカーナ動画第三弾。link

 お馴染みKen Blockさんによりますジムカーナ的ドリドリクリンクリン動画。
 相変わらずどこでも回ってます、いつもより余計に回ってます。水を張ってクリンクリンです。バンクだろうがなんだろうが回りたいから回ってます。で、タイヤをリアルに使い切って終了ー。

 今回から車がスバルからFordに変わってしまってちょっと残念。まぁ、仕方がないのだけどねぇ。

Django 1.3 release schedule.な記事。link

 Django | Weblog | Django 1.3 release schedule

 若干古い記事でありますが、最近やっと1.2.3へアップデートした私に追い討ちをかけるかの様に1.3へのリリーススケジュールが公開されております。
 これによりますと、来年早々にも正式リリースされる見込みですね。楽しみです。

 とはいえ、

 Django | Weblog | Django 1.3 alpha 1 -- Update

 最初のalphaリリースで既にちょっとだけ遅れが生じていますので、予定通りとは行かないかも知れません。

Lazy Load Plugin for jQueryを導入してみた。link

 Lazy Load Plugin for jQuery

 最近なんだか前にも増して写真とかの画像をぺたぺた貼るようになったので一気に読み込ませるとうざいかなぁと思って、とりあえずダミーの単色イメージを置いておいて画面上に表示されるようになったら読み込んで置き換えるというjQueryのPluginを導入してみましたよ。

Lazyloader is inspired by YUI ImageLoader Utility by Matt Mlinac. Demo page is available.

 と言うことで、元ネタはYUI系なんですね。


<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.4.3/jquery.min.js"></script>
<script src="/{ 任意のパス }/jquery.lazyload.mini.js"></script>

 などと呼び出しておきまして適当なタイミングで(所謂onloadイベント時とか)、


$('img').lazyload({
    placeholder : "{ 任意のパス }/grey.gif",
    effect : "fadeIn",
    threshold : 200
});

 と実行すれば! スクロールして表示されるタイミングでもわっと現れたりしてきて素敵。

 ちなみに、

Lazy Load is currently not usable. It does not work with the latest browsers as expected. I have currently no time updating the code myself. Patches are always welcome. If you find a solution just fork and send a pull request. Thanks!

 というアナウンスがされておりまして、一部のブラウザでは上手く動かないみたいです。とりあえずiPad上のSafariとかで表示されないのを確認したので、


navigator.userAgent.indexOf('Mobile') != -1

 と適当に判定して実行させないようにしてます。

 ボクに力があったらささっとデバッグしてちょちょいと報告して貢献できるのになぁ。

トワイライト・ツアーに参加してみた。link

 九州熊工場 工場見学へ行こう サントリー
 トワイライト・ツアー ビール工場見学のご案内 九州熊本工場 工場見学へ行こう サントリー

 サントリー九州熊本工場で開催されているトワイライト・ツアーに参加してきましたよ。ザ・プレミアム・モルツ大好き!


 光り輝くサントリーさまのロゴ! 上がる、テンション上がる。


 工場もえる。


 タンクもえる。
 ちなみに、1タンクに付き缶ビール51万本相当の量のビールが入っているそうな。毎日一本ずつ呑んでも1400年以上かかるそうだよ。長生きしなきゃねー。


 受付もえる。


 ポスターもえる。


 エスカレーターもえる。とかもういい加減適当すぎしつこいですね。


 そんなわけで、トワイライトツアー開始です。まずはビデオやスライドで、ザ・プレミアム・モルツの誕生秘話や、その製造のこだわりなどを学びますよ。


 原料となる麦芽。もちろん食べられるって事で試食したところ、ものすごく香ばしく少し甘みがあり、これ自体ビールのつまみにいいんじゃないって思うほど美味しかったよ。


 苦みと香りの元になるというホップの加工済チップ。確かに凝縮されまくったような強烈な香りが!

 その後、実際に工場を施設を窓越しに見学しながら製造工程を学びますけども、工場の部分は撮影禁止だったので写真はないです。ピカピカで美しい施設だったよ。ボクも磨きたい、凄く。

 そしてついに。お待ちかねの。辛抱たまらない。死因、じゃなくて試飲シインしいん!


 トワイライト・ツアーでは超豪華特別コースメニューが用意されているので、同敷地内にあるレストランへ移動しますよ(レストラン ビールの森 九州熊本工場 工場見学へ行こう サントリー)。既にクリスマスーなライトアップがされていて奇麗だった。
 が、もう頭とか口とかノドとかがザ・プレミアム・モルツになっているので軽く感動して先を急ぐのであった。


 ザ・プレミアム・モルツ入りましたー。美しい、美しいよ。艶のある色、きめの細かい泡、そしてビールと泡との黄金な割合比!(受け売りです)
 居酒屋さんでザ・プレミアム・モルツを出すところもあるけれども、何故だかそういうところで呑むのよりも一段違う味わいに超感動、猛烈にボクは感動した! まぁ、ボクの場合は雰囲気とかのプラシーボ効果が絶大だったのだろうと思うけれど、周りの人らも同じような事を言っていたので間違いないと思うわよ。

 ちなみみに、ビールは三杯まで料金に含まれます。二杯目はザ・プレミアム・モルツ〈黒〉も選択可能で、もちろんほとんどの人がそうしてましたよ。もちろん四杯目以降もお金を払って楽しめます。至れり尽くせり、もちろん四杯目までいったよ、いったさ。みんないってたよ。


 テーブルに付くと配膳してあったのは、「五種の前菜」と「名水仕立て よせ豆腐」。一杯目のビールはこれでじっくりと香りや味を噛み締めつつ……、でもすぐ無くなっちゃったというよくありがちな。


 「秋のおつまみ三種盛」、熊本らしく海のものと山のものと。煮物の上にのっているお肉はもちろん馬肉でした。
 既に二杯目の黒で、しかも少し呑んでる。ペース早過ぎだろ。


 ありがちな春巻きと思いきや、これがとろっとした味わいで凄く美味しかった。一人半切れだなんてっ!とか意地汚く思ったよ。


 さつまいもだけと見せかけて、桜海老と一緒に調理されているかき揚げ。材料は熊本産のものを主に用いているそうだよ。


 複数のチーズが使われているピザ。単なるピザのはずなのに何だかとっても美味しかった。トマトも利いてたし、チーズも混ぜると美味しくなるのかなぁ。そして出てくる料理がいちいちビールに合う。進んじゃうじゃない。
 この辺りになると、恒例の写真撮る前にもう食べちゃった状態。食い意地張り過ぎてるわ。


 そしてデザートは豆腐を使ったキャラメルプリン。若干しっとりとしている感じで甘さもおさえてあって美味しかったよ。

 その他にもいくつも料理が出て全11品。品数も多いし、バリエーションに富んでいるし超満足の納得の内容でございましたよ! 一人一回限りしか参加できないというお得な特別コース、お土産にグラスも頂けるし、是非参加してみるといいと思うよ。
 ボクはもう今後ビールはザ・プレミアム・モルツしか呑みません! 多分。


 最後はやっぱりいつものこの人だな。いい笑顔。おめでとー!

Skype 5.0 Beta for Mac OS Xとチャット画面の余白。link

 Skype 5.0 Beta for Mac OS X

 先日β版ながらついに登場したMac OS X用のSkypeさんクライアントなんですけど、各所でも話題の通りUIが変更されていて、もちろんいい部分もあるのですけど、えって思う部分も多々あって、中でもチャット画面のすっかすかな構成はなんだかとっても馴染めませんで、またChatStyleをコピーして改変しようかなぁと思っておりましたら、考える事は皆さん同じようでありましてすぐに登場して頂けたっていうお話。

 Mac用Skype 5(ベータ版)の余白を無くす方法 : ライフハッカー[日本版]

 いい感じです!

 ちなみに、以前私が適当にカスタマイズしたChatStyleはしっかり無視されております。

Mさん宅へ突撃してみた。の2link

 お友達のMさん家へまたいきなり行ってみましたよ。だって、若宮稲荷神社への途中にあるのだもの。て事で、ちょいと古いお話であります。
 この前の仕返しに(例のあれ(仮題)・庭見世2010、八坂町と東濵町。)こっそり写真を撮って放流してやろうと、そーっと敷地内に忍び込んでそーっと窓から覗き込んだら、向こうもそーっとこちらをうかがっていて目があったっていうね。ち


 ニューウェポンが導入されてた。レーザー式の水平器らしい。水平大事ですよ、水平。取りたいもの、水平。


 何だか大変だっていう事で案内されてみると壁が、壁がないっ。


 如何にしてこういう恐るべき事態になったのかをiPadで動画を見せながら冷静に説明してくれるMさん。


 前回に引き続きApple製品を隠し持っていたので激写。Time Capsule素敵すなぁ。


 文明堂さんの三笠山を頂いたので速攻食べようとしたら、美味しいお茶も一緒に出してくれたよ。


 なんか天井からクマさん的なモノがぶら下がってた。


 オブジェクト・ガーデンももちろん健在でありました。なんかモノ増えてるぞ。


 とか適当にいたずらして嫌がらせしたのでとっとと帰ろー。徒歩だと30分くらいかなー、そんなに遠くない。

 またいきなり行っちゃうからなー、覚悟しとけー。あはははは

Droboさん欲しいの。link

 足りなくなったらHDDを買い足すだけ:個人ユーザーこそ使ってみよう──RAIDより簡単なストレージアレイ「Drobo」の実力検証(前編) (1/3) - ITmedia +D PC USER
 うほほっ、スゴく便利っす……:個人ユーザーこそ使ってみよう──RAIDより簡単なストレージアレイ「Drobo」の実力検証(後編) (1/3) - ITmedia +D PC USER

データロボティクスの「Drobo(ディー・ロボ)」シリーズは、"ストレージ・ロボット"を意味する名称が付けられたストレージ機器だ。

 まだ国内に正式投入されていない頃の紹介ビデオでお姉さんが「どろーぼ」って言ってたやないですか! だからずっと「どろーぼ」っつってたのに、ここにきてまさかの「でぃーろぼ」やったんすか。もしかしてお姉さんも「でぃろーぼ」とか言ってた? まぁ、ボクの耳もあれなんですけど。

 とか言うのはどうでもよくて、もはや趣味でコンピュータを触っている人だし、余命幾ばくも無いので、気持ち的にはですけど、とかでここまでのモノはいらないし、バックアップも外付けHDDへのTimeMachineでだいたいまかなえる感じなのですけど、モノとして非常に欲しかったりするわけですよねー。無駄に大容量したい、無駄にばらばらのHDD挿したい、無駄に抜き差ししたい。
 ちなみに、一年半くらい前にも一度話題になったときに、「Droboいいっすよ、欲しいっすよ」て言ってたら、「あれはだめだ、必要ない」とか散々否定しておいて、しばらく経って逆に「こういうのがあって」云々と言ってきた人がありまして、「お前は小さいJobsか」と思ったのも良い想い出。

beautyOfCodeを導入してみた。link

 beautyOfCode: jQuery Plugin for Syntax Highlighting « Struggles by Lars C.
 SyntaxHighlighter - Dynamic Brush Loading

 WordPressを使っているblogとかでよく見かけるソースコードを見やすく表示する機構beautyOfCodeを導入してみました。この分野の超定番と思われるSyntaxHighlighterさんをjQueryから呼び出しすっきりと再デザインする優れものであります。


<script src="http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.4.3/jquery.min.js"></script>
<script src="/site_media/js/2.0/beautyofcode/jquery.beautyOfCode-min.js"></script>

<pre class="code">
<code class="python">
def func(spam, ham):
    eggs = spam + ham
    return eggs
</code>
</pre>

 と呼び出したり記述したりしておいて、ページを読み込んだ後に実行するように、


$(function(){
    $.beautyOfCode.init('clipboard.swf');
});

 とかやるとOKの模様であります。

 一旦ロードして実行した後にajaxなどで内容を変更した場合は、


$.beautyOfCode.beautifyAll();

 だけを実行するといい感じですよ。

 リンク先の公式では両方を一度に実行するという記述があるのですけど、このページの感じだとSafariとかでエラーが発生してしまいました。しかし、ちゃんとレイアウトをやり直してくれるのでいいかなぁと。あと、Firefoxでは処理のタイミングが悪いのかエラーが発生して有効にならない場合があります、記事個別表示ページを新規に呼び出したりすると。でもまぁ、これも見た目が悪いだけで実害は無いのでまぁいいかなぁと。
 この辺りちょいと調べてみたいのですけど、使っているSyntaxHighlighterさんが古くてClipboardへのCopyにFlashを使っていたりもするので、新しいSyntaxHighlighterをそのまま普通に使うのも良いかなぁと思ったりもしてます。

 設置する前にデモページや本体のソースを眺めていて気が付いたのですけど、その肝心のSyntaxHighlighterさんが含まれていないんですよね、一緒に配布されていない。でも、デモページは動く。なんじゃーこりゃーと思ったら、SyntaxHighlighterのご本家様がアップロード領域に恵まれない人の為に各バージョン毎に無料でホスティングしてる!
 凄い。太っ腹。かっちょえー。こういうの凄く愛だと思いますよ、自分が作ったモノへの。

 このページではjQueryをキャッシュ効果も考えてGoogleさんがホスティングして下さっているのを使っているので、このままSyntaxHighlighterもホスティング経由で使わせて頂こうかとも思ったけれども、アップロード領域には恵まれているので自前領域に置いてそこから使う事にしましたよ。私が使うわずかな転送料でもお金だし、ちりも積もれば山となりますから申し訳ない、申し訳なくてたまらない。これ以上ご厄介にはなれないっす。

 SyntaxHighlighter - Please donate to keep development active!

 PayPalさん経由での寄付も受け付けているので宜しければ。私も僅かばかりになりますが寄付しまっす!