唐揚げを食べに行ってみた。

 今年の遠征は今年のうちに、です。iPhotoさんの日付記録によりますと今月の上旬辺りになりますが、閉店するという噂が真しやかさに囁かれておりました思案橋?銅座?の江戸善さんに行ってみましたよ。噂はデマみたいです、安心したまい。


 こちらも思案橋横町より一本中に入ったわかりにくそうなところにありますが、こちとらじげもん(地元の人)なのでズバっと一発で到着。
 くだけた方の老舗感があっていいたたずまいですね。初めて行って別にこういう雰囲気を昔に味わったとかもないのですけど、何故だか懐かしい感じがします。マジックです、マジック。


 若干大人数(5名)という事もあり、二階の座敷へ通されましたよ。いい頃合いの時間だったのか私らが二階へ通された最初のお客だったので遠慮なく写真を撮り放題。
 もちろんその後は会社員風の集まりだったりとか、家族連れだったりとかが続々と訪れて大繁盛しておりました。


 接客担当のおばちゃんたちは基本一階におりますので、注文などを行う際には呼び鈴を鳴らします。そのチャイムのクオリティがイカす。
 これが各テーブル毎の側の壁に8個くらい設置してありました。設置した時期が違うのか場所によって形状が違うの。いいわー。


 唐揚げ待ちでとりあえずビールを冷や奴と枝豆で。普通です、凄く。


 はい、唐揚げー。これをいただく為に今回来たのですよ、これが名物らしいですよ、これが人気らしいですよ。無くならなくて良かったね。


 唐揚げとビールという使命を果たしたので、いつもの様に焼酎へ移行。「ボトルで下さい」 「一升瓶だけどいいの」 「芋の銘柄は」 「白波」というやりとりがありまして、「うーん」と思いつつも行ってまえと注文しちゃいました。
 正直白波というとあまりいい噂を聞きませんでしたのですが、思いのほかいけました。ごめんなさい、誤解してた。或は、おっちゃんらの口とか鼻が劣化最適化されてきてた。


 メニューの名前が独特だったりして山賊だの海賊だのがあるのだけど、どうせならって言う事で両方注文。そして片方しか撮影しておらず、しかもどちらか判然とせず、かつ恒例の食べかけ写真と……。相変わらず残念な上に残念すぎて残念でならない。


 メニューの数はあまり多くないのでほとんどのものを注文したんじゃないかなぁ。という事で湯豆腐。熱々です。

 すっかり一升瓶も呑み干してしまって、一息ついちゃったので場所を移動する事に。江戸善さんはたたずまい同様、接客も昔ながらというか適度にいい加減ないい雰囲気でした。もちろんそういうのが苦手だと思う方もいらっしゃると思いますが、たまにはのんびりゆるふわで。あと、かなりお安い感じなのでその点では充分満足できると思いますよ。


 二軒目は以前に行った時に味をしめてしまった餃子鍋を食べに思案橋横町にある居酒屋さんへ。二回目ですけど名前憶えてないです、すんません。
 ここでも何品か注文したと思うけど、写真も記憶も、うーんうーんうーん。あ、みんな大好き黒霧島をボトルで呑みました。お酒だけは忘れない。


 その後解散しまして、残った人でビール専門的なバーへ。ピンぼけ写真が二枚だけカメラに収まってましたね……。

 今年の終盤は色んな人と色んなところへ呑みに行ったり、特定の人と色んなところへ呑みに行ったりして楽しかったですね。いろいろご迷惑もおかけしてしまって大変反省もしておりますが。
 来年は、よくわかりません。気分次第ですもの。まぁ、個別に小さい案件でよしなにー、かなー。