自炊生活はじめました。

 以前よりなんのかんのと言っておりましたが(例のあれ(仮題)- いっそ自炊部でも作ってしまおうかなんて。)、ついに念願だった自炊生活を始めました。せっかく製本された本を無理矢理また断裁してスキャンするという本末転倒な「どこまでも手間のかかる事を」的な例のあれです。
 既に100冊くらいやりましたけども、結果に満足しております。押し入れの中の蔵書も救出したしね、まだ全部スキャンしたわけじゃないけど。

 これまで中々自炊に踏み切れなかったのは、やっぱり設備の問題が大きいかったんです。先人な皆様のお声から判断すると、スキャナはMacユーザなので富士通さんのScanSnap S1500M(ScanSnap S1500M 製品情報 : 富士通)で決まりなのですけど、本をバラすための断裁機が、断裁機の方がいろいろ難しい。私の場合数も多いのでいろいろと切実でありました。
 世の中的に「本格的にやるならこれしかない」と一気にメジャーになってしまったのが、大型の業務用っぽい断裁機。上からレバーを押し下げてグっと一刀両断してしまうあれです。最初の方はこれを買うしかないと思っていました、数も数だし、仕上がりも良さそうだし。しかし、ほぼ半額の販売価格でさえ3万円を超えてしまう事や、仕方がないであろう大きさ、驚きの総重量などにめげそうになりましてなかなか決断できません。お金はともかく、置き場所どころか作業スペースすら確保できないよと。例えて手間が増えても小さくて取り回しのしやすいヤツの方がいいのではないか、でも仕上がりに満足できないのではないか、とかぐるぐる。

 漫画・コミック・本・書籍を自分でスキャン(自炊)する方法

 そうこうしながら情報収集に励んでおりましたら、上記のページに行き着きました。こちらのページではディスクカッター式の裁断機(CARL)を用いて断裁しているのですが、まずカッターで本を分割し、その後ディスクカッターで裁断。その様子を動画で公開なさってますがその手際の良さに「おおお」と。思いましたね、「うん、これでいいじゃん。これこそがベストだ、これなら闘える」と。
 ちなみに、A4対応という事で大きさはそれなりにありますけども、厚みはそうでもないですし、本体価格も1万円ちょっととお安くはないですが悪くない、かつ替え刃や専用カッターマットなどリフィルの類いの価格も抑えめで嬉しい作りです。

 本一冊を丸ごと裁断する事ができないので事前に2、30枚ずつに分割する必要がありますが仕上がりも奇麗です。もう少しひっかかったりずれたりなどがあるかと思いましたが、一度に裁断できる枚数が控えめな事もあり単純に挟むだけの機構なのにちゃんと機能してます。裁断面と逆側を止めるバーはカチっと垂直になっているわけでもないので多少斜めに切ってしまいますが、ScanSnapさんのエゲつない性能おかげで全然大丈夫です、ご心配なく。
 切れ味の方もなかなかのもので、もっと力が必要かと思いきや結構スーっと切れます。もちろん裁断する枚数によりますが、キチキチに詰めた感じで切ってもそれほど力は必要ありません。むしろ力が必要なのは左側の押さえる方ですね、こちらとしてもずれるのは勘弁して欲しいのでそれなりに頑張っちゃいますし。一度で切れなくてもそのまま2、3回往復させればずれる事なく切れます。ガチャガチャと多少音がしますが、うんざりするほどでもありませんし、個人的には工務的な感じが楽しいです。
 上記リンク先のページにもありますけど背表紙側を5mm程度か、もっと余裕をみて裁断すると全てバラバラになります。でも、断ち切りや見開きの多い漫画だとついつい裁断幅をケチりがちです。そうするとサバキ時にページ同士を剥がすという作業が必要になるのですけど、これが本当にやっているうちに指の感覚でくっ付いているところがわかるようになってきます。サバキもだんだんと上手に滑らかになってきますし、私が唯一修得できそうになっている職人技かも知れません。ボクがなりたかった職人さんたちと何か違うけど。

 そんなわけで、スキャン前の準備はできた、次はスキャン、取り込みまっすよ! て事でつづく……。