19GBer。

 Vintage Computer

 お懐かしゅうございますかつてのお仕事マシンであるところのPowerBook G4に1GBのメモリを搭載して隔世の感を味わった事を今は昔と感じた、まだまだ現役で頑張ってますお無職マシンであるところのMac Proにその10倍の10GBのメモリを搭載してから約2年、女子サッカー日本代表であるなでしこさんたちの大興奮大活躍のおかげでVintage Computerさんが10%オフセールをやっていたのでついついまた増設してしまいました。中途半端に9GB増えて都合19GB。無駄です、壮大な無駄です。

 購入したのは4GBを3枚、既にスロットに空きはないので1GBのヤツと入れ替える形で増設しました。なので、12 - 3 = 9GB増量というわけですね。価格は一枚8000円程度です。価格.comとかで調べると同じ規格のメモリが4000円台で購入できたりもしますので結構のってます。ですけど、Mac Proさんもちょっとメモリに厳しいところがあるらしいので、有名メーカ製で動作確認済みという安心感を信用して決めました。もちろん他のMac対応を謳っているメモリよりはお安いのですよ、前にもビデオカード購入で利用した事がありますがVintage Computerさんおすすめです。

 アメリカからの配送ですが、19日の夜に荷物が引き渡されて27日の午前中に私の手元に届いたので8日程度、日本の西の外れ長崎でこの日数ですから遅くても10日くらいで届くのは間違いなさそうです。ちなみにカード決済したのでドル立てでの支払いになります。ちょっとドキドキ。

 私が使っているMac ProさんはEarly 2009と呼ばれるもので対応する規格はDDR3 PC3-8500 1066MHz ECCですが、実際に届いたのは1333MHzのモジュールでした。もちろん無事に認識されて動作に問題もなさそうです。搭載されているCPUがトリプルチャネルなので3枚ずつ取り替えるのがスジかと思って3枚にしたのですけど、デュアルプロセッサなのでCPU毎のぶら下がりメモリ容量を揃える方が推奨なのか、

 注意をされるままメモリを挿しなおしたらチャネルとかお構いなしのてんでバラバラになった感じ。言われてみるとそらまぁそうかなのですけど、こんな事なら素直に4枚買っておけばよかった。せっかく財政的に自分を追いつめるのを覚悟してまで購入に踏み切ったのに、たったの数万円だけど。

 そんなこんなでトリプルチャネルは活かしていないけれど全然好調です、違いなんてわかるはずもなかった。普段使っていると増設した分くらいが空き容量として存在しているけど、局面局面では全て使い切ってくれるので気持ちが良かったりもするよ。もちろんキャッシュ的な使い方なのだろうけどね。

 みんなバカみたいにメモリ載せておいたらいいと思うよ。使い道とか考えてはいかんとです。次は8GBモジュール3枚とか増やしたいなぁ。