フォトジェニック過ぎるおじさんが写っている写真展へ行ってきた。

 川崎啓一郎 写真展
 @nifty:デイリーポータルZ:トルコライスの写真展と面白いおじさんの写真展

 もう既に開催は終わっているので報告が遅きに失するにも程があるのですけども、最終日のつもりで行ったら最終日ではなかった日に行って参りました。実はこの日は川崎さんによるサイン会が行われるとの事でありまして、みんなで空気を読んで誰も行かず、その淋しい様を写真に収めるとか面白いのなぁと思ったり思わなかったりしながら行ったのでした。

 さて、この写真展、川崎啓一郎なる人が撮った写真を展示しているのではなくて、川崎啓一郎なる人を撮った写真が展示されている写真展だったのです。なんじゃそら、面白過ぎやろ。愛され過ぎやろ。そら行かんばやろ。

 会場はHIKOMAという喫茶店の二階。ここはPhoto Cafeと冠を付けているように普段からギャラリーを貸し出したり、レンタル可能な暗室があったりと写真をキーワードにしたお店のようでした。本来ですとコーヒーの一杯もオーダーしなければならなかったのですけど、ギャラリーでのオーダーはもう終了との事でしたので適わず。またそのうち行ってみようかな。


 会場に入るといきなりパネルがドーン。同時にポストカード絶賛配布中でありました。もちろん一枚いただいてきましたよ。


 壁一面に写真が展示してありました。どれもいい表情でしたなぁ、実に。来場されている方々も非常に楽しそう。私が行った時はサイン会が開始されてから暫く経った頃だったのだけど、それでもかなりの方がいらっしゃいました。「凄い凄い」と言っていたら開始直後は底抜け危険に付き入場制限が行われる程の大盛況っぷりだったとか何とか。ぱねぇ


 そんなわけで、某方からの寄贈品で来場の皆様にお配りしているというマウスパッド的メモ帳にサインもいただきて来ましたよ。家宝にしよう、家宝に。嘘だけど。

 川崎さんとは一年ほど前に某会合の席でご一緒してたまたま知り合いまして、その後何度かお逢いする度に大変よくしていただいています。この様な催し物が開催されるのも川崎さんのお人柄だと思いますよ、もちろんボクも大好きです。また逢いに行きますね!