“2013/05”な記事

今年の桜、2013。link

 みたいにやらしいタイトルを付けておりますが、来年以降も続けるかは甚だ疑問であります。今年はカメラを新調した事もありまして(例のあれ(仮題)- PENTAX Qを買いました。)、適当にさくらの写真を撮り散らかしていたのでその一部を場所別に。


 まずは水辺の森公園。幾分暖かくなってきましたので、天気がいい時とかは散歩がてらうろうろしたり芝生の上に座り込んだりしてますねー、最近。水辺というより海辺なのですけど、広いし奇麗だしなかなか居心地のいい公園です。ボクらが子供の頃にはこういうところなかったなぁ。


 ここの桜は白い花でしたね。


 お次は立山公園。ここは長崎市的に桜の名所的なところですから行った事がある方も多いかと思います。公園全体まんべんなく桜が分布しておりますし、普通に解放されておりますのでシートだのなんだの持ち込んでがっつり酒盛りも可能です。何だったら露店なども出ておりますし、ある意味一番楽しめるところかも知れません。


 場所的には山の上なのですが、長崎駅からバス一本で行けますし、結構近いですよ。


 折角山の上まで行ったのでどうせならと歩いて下りまして辿り着いたのが桜町辺りの公園。NBCさんとかツナグバさんとかその辺りの公園ですね。


 しだれ桜がなかなか壮観でございましたよ、おすすめ。


 そして最後は上の公園のすぐ近くの桜町公園です。長崎市役所の裏辺りの駐車場したの公園ですね。こちらも解放されているので、一般の方がもろもろ持ち込んで宴会をなさってました。いいなぁ、いいなぁ。


 設置してあったベンチに座って上を見上げて撮影。しっかり逆光だけどな、そらそうや。

 例によって全体的にがっかり感漂う写真の数々ですけども、本人的には楽しく遊んでますよ。もうちょっとくらいは上手に撮影できるようになりたいけど。

 ちなみに、今回ご紹介したところで一番のお気に入りは最後の桜町公園だったりします。近くに車道があるので排気ガスやら騒音やらもありますが、非常に奇麗でしたよ。ちょうど散り始めの風吹く日であった事も多分にプラスに働いてますけど。来年はまた違うところに行きたい!

ぺちぱな。つぎのつぎってのを忘れる前にやります。link

 すっかり春めいてを通り越して、徐々に近づく夏の気配すらも感じるこの頃でございます。春の行楽シーズン、みなさまお楽しみでしょうか。私もこのゴールデンウィークは遠出こそしませんでしたが、近場だったりちょい遠いところだったりで楽しく過ごしましたよ。

 さて、そんな行楽シーズンに行楽とは全く関係ないイベントをやる事にしましたので例によっての告知であります。タイミングにいろいろ迷いまして気が付いたら来週の土曜日といういつものタイミングです!

名称:ぺちぱな。つぎのつぎ 〜 use git as scm; 〜
日時:平成25年5月18日 午後1時00分 〜 午後5時00分
場所:長崎市立図書館新興善メモリアル会議室2(洋)
定員:15名
応募:ぺちぱな。つぎのつぎ 〜 use git as scm; 〜 : ATND

 去年の秋口、そして今年の始めと二回開催しました「ぺちぱな。」シリーズの勉強会の三回目です。会場は毎度毎度の長崎市立図書館さんにお世話になります。前回研修室を2ブロックお借りして開催しましたが、今回は一回目と同じく新興善メモリアル会議室2(洋)をお借りして開催します。詳細は上記リンク先ATNDでの参加者募集ページをご覧ください。

 今回、PHPとは直接関係ないバージョン管理システムを取り上げる事にしました。これにはいろいろ布石があって、以前他の勉強会にお呼ばれして参加した時に普通にお話していたら他の参加者のみなさまが使ってなくて、「え、ボクら前に勉強会やったじゃありませんか」と言いましたら「その頃とか知らねーよ。またやれ」と。

 そうです、あれから丁度二年なんです、私が何をやってもいいい「れいかい」だけじゃなくて、テーマを持った勉強会をやろうと初めて主催した勉強会から(例のあれ(仮題)- NAGASAKI-IT hands-on Spring 2011ってのやります!)。二年経ってまた同じ事をやるのもどうかと思いましたが、二年経ったからこそ出来る事もあると思いましたし、何より需要があるんだったら応えたいんです。それと、私も愛用しておりますSourceTree(Free Mercurial and Git Client for Windows and Mac | Atlassian SourceTree)のWindows版がついに発表されたりと各種ツールも揃ってきたのもいいきっかけになりました。

 二年前とは違って、もっと現実的に、もっと細やかに、もっと楽しく学んでいけたらと準備しております。

 もちろんこれまた恒例の、別に勉強会と連動しているわけではない懇親会も予定しております。あくまで「別物」ですから、懇親会に参加しなくてもOKです、「別物」ですから懇親会だけの参加でもOKです。どちらかに興味がある方、どちらにも興味がある方、是非どうぞお気軽に。

 それでは、PHPを使っている人、興味がある人、使っていない人、興味がない人、とりあえず一緒にお話をしてお話を聞いて学んで楽しんでいきましょう! お待ちしております。

 あ、あともうひとつ、この件に関しまして恥ずかしい動画にも出ておりますので良かったら……。ボクの緊張とユルダラな雰囲気を感じて貰えれば幸いで……。

ぺちぱな。つぎのつぎってのを忘れる前にやりました。link

 すっかり春めいてを通り越して、徐々に近づく夏の気配すらも感じるこの頃でございます。ていうか暑いよね、すっかり夏めいてますよね、毎日汗かきますもの。

 予報的には雨っぽかったですけども、当日はすっきりと晴れ渡ったりしまして、ボクらの晴れ属性を遺憾なく発揮できたこの日、開催してまいりました「ぺちぱな。」シリーズ三回目の勉強会、「つぎのつぎ」。17名の方にお申し込みをいただきまして、誰独り欠ける事なく参加いただき大変感激しております。


 今回の会場は長崎市立図書館新興善メモリアル会議室2(洋)であります。このお部屋もよく使わせてもらっています。会議室なので机と椅子が四角く配置されてますが移動する事もできます。もちろん終わったらちゃんと元に戻すんだよ。


 こんな感じに二つの島を作って配置。実習時は班分けしてやっていただきます。


 今回の重要機材群。WiMAXさんに無線LANルーター、そして初お目見えのPogoplugさん。GitHubとかBitbucketなどのサービスを使ってやれれば良かったのだけど、ネットワーク的に不安がありますのでPogoplugさんにサーバーになってもらって実習を行いました。凄い。素晴らしい。


 そうこうしているうちに参加者さまも集まってきますよ。わざとらしく女子率高そうな写真をチョイス!


 そんなわけで「つぎのつぎ」スタート。最初は @dataich さんによるバージョン管理概要。少し体調が悪いとの事でマスク姿でありました。本人曰く、「勉強会をやるときに限っていつも体調を崩す」らしい。


 お次は @hideAki76 さんによるgitの入門。実際にcommitしたりpushしたりごにょごにょしながら学んでいきますよ。


 自己紹介ページを作成していきます。各々のページを作って、班毎のインデックスに自分のページを追加、そしてホーム画面に班名を記述したりしながらわざと競合を発生させたりなんだり。ちなみにクライアントとしては私も大好き SourceTree さんを大活用大プッシュしましたよ、そもそもこのアプリがなかったら今回は成り立たなかった。


 最後はLTっぽくお話大会。最初はスタッフであるところの @eccyun さんのgitを使ってよかった的お話。寸劇っぽく楽しくお話してくれてた。良かったよー。


 お二人目の登壇者は @reiji1020 さん、もはやレギュラー的ないきおいですので今回もやってくれました。CTFが何のかんのと難しいお話をしていだきましたよ(Capture the flag!)、相変わらずクオリティ高い。

 そして、その後、@evil_deguchi さんにAppleさんがリジェクトされた話をしていただき大変盛り上がったのですけども、こちとら写真を撮影していなかったという……。ごめんなさい。

 さらに飛び入りということで、@kaoru_inoue さんにご自身も参画しておられるサンカクスタジオの話を(働く人働きたい人の学び&交流をプロデュース - サンカクスタジオ)、そして、@y_kuru さんに自社で開発しているアプリのお話とかもしていだきました(株式会社アトトック - アイデアをカタチにするアトトック)。急にネタを振ったにも関わらず快く引き受けてくださりありがとうございました!

 少しだけ間が開いてしまった「つぎのつぎ」ですが、お陰さまで大盛況、内容的にも手応えを感じられるものになりました。参加されたみなさまにおかれましても少しでも楽しんでいただけていれば幸いです。もっともっと楽しく、もっともっと実りある勉強会になる事をこれからも目指してまいります。本当にありがとうございました、これからもよろしくお願いいたします。


 からの、一大勢力を率いて懇親会会場へ向かうわけですね……。

 つづく。

 あ、「ぺちぱな。よん」あると思いますよ :-)

ーー関連リンクーー
 ぺちぱな。つぎのつぎっていうのに参加したらしいですよ。 - モノクロタイム
 「ぺちぱな。つぎのつぎ 〜 use git as scm; 〜」をやってきました - cap'n webb

Coda 2向けテーマファイルがたくさんあるところ。link

 Coda 2 themes from iPaintCode

 私、長い間 Emacs というエディターを好んで使っていたのですけれど、ある時ふいになんというかこう淋しい気持ちがいたしまして、「オレはもっとリッチっぽい雰囲気に包まれたい」とかなんとか言い出しまして現在 Coda 2(パニック - Coda 2)というエディターを主に使っております。まぁ、細かい事を言えば、細かい事を言わなくともいろいろありますが、大変便利に楽しく向き合えております。

 さて、その Coda 2 さん、環境設定でコードのカラーリングの設定ができますが、そのテーマ書類がたくさん置いてあるページがありますのでご紹介いたします。ページの作りも綺麗で楽しくいい感じですねー。

 気分に合わせて、季節感を出すためにも、たまには変更してみるのもいいかもしれません。とか言って私は標準搭載の Specials Board 一辺倒だったりするんですけども。

Mac で screen で必須らしい設定。link

 Mac で GNU screen を使う時にやるべきたった一行の設定 - #生存戦略 、それは - subtech

 かなり前にとりあげた気がするけれど、とりあげていない気もするのでとりあえず。とりあえずとりあえず五月蝿い。

 私はあまり .screenrc に何やら書いてはいないのですけど(キーバインド変更とかはしているけど)、これは確かに仕込んでおくと便利だと思いますよ。

 GNU screen を使うときにやるべきたった一行の設定と、Mac の Terminal.app でマウスを認識させる方法 - by edvakf in hatena

 からの流れで、MouseTerm という SIMBL 書類も紹介されておりますが、私的にはこちらじゃない方の動きがしっくりきます、スクロールさせて該当箇所を確認したらそこからマウスでドラッグして選択するので。まぁ、お好みでどうぞ。