“2013/09”な記事

蔵出しウメハラさん記事。link

 ゲームの世界を超えて、みたいな事をこの手の記事を取り上げる度に書いておりますが、本当に他方面でご活躍。もちろん本業でありますところの格ゲー界でもご活躍でございます。今年のEVOも惜しかったですね。

 さて、そんなウメハラさん好きの私が適当にクリップしておりました記事をメモ的にお蔵出しです。プロとして確固たる意思を持ち続けるウメハラさん、そんな彼の言葉に耳を傾けてみませんか。とかなんかあれな言い回しだな……。

 ウメハラ初の書籍『勝ち続ける意志力』発売記念インタビュー!(前編) 本書にはないエピソードも披露 - ファミ通.com
 ウメハラ初の書籍『勝ち続ける意志力』発売記念インタビュー!(後編) サイン入り書籍のプレゼントも - ファミ通.com
 「プロゲーマーという職業に希望を」――格闘ゲーマー・梅原大吾氏の挑戦 (1/5) - Business Media 誠
 仕事とは? | プロゲーマー 梅原大吾
 梅原大吾さん-プロ論。-/リクナビNEXT[転職サイト]

この世は生きるに値する。link

 [宮崎駿監督]引退会見一問一答(1)「僕の長編アニメーションの時代は終わった | マイナビニュース
 [宮崎駿監督]引退会見一問一答(2)「ハウルの動く城」は「一番トゲのように残っている」 | マイナビニュース
 [宮崎駿監督]引退会見一問一答(3)高畑勲監督に「ここに一緒に並ぼうよと持ちかけた」 | マイナビニュース
 [宮崎駿監督]引退会見一問一答(4) 「風立ちぬ」は「円満な気持ちで終えた」 | マイナビニュース
 [宮崎駿監督]引退会見一問一答(5)「この世は生きるに値するという言い伝えを受け継いできた」 | マイナビニュース

打ち合わせとか指示することは仕事ではない。描くことが仕事。

 宮崎さんを現しているような言葉だと思いました。ボクもいつかこんな事が言えるようになりたいと思います。

 ひとまず、お疲れさまでした。今後のご活躍にも勝手に期待しています。

元SCEの丸山さんと久夛良木さんが出会った頃のお話。link

 【黒川塾(十)】プレステ生みの親である久夛良木氏と丸山氏が語るエンターテイメントの未来とは | インサイド

 お二人とも「人」の重要性を説いておられます。PSが登場する前よりクリエイターが前へ出てくるようになってましたけど、PS以降グッとその風潮が高まってきたのも事実ですねー。地位みたいなものも上がったような気がします。その一方で助長し過ぎた感もしばらくありましたけど、今は落ち着いてバランスが取れているのかなと思います。とかなにそれエラそう。

 このお二人が出会っていなかったら、と思うと怖いものがありますね。久夛良木さんがおっしゃっている「ネットに溶かす」、形は違えどこれから始まりそうです。楽しみにしています。