得意になってみたい。

 結局どれだけのものを持って生まれてくるかで決まるわけで、そんなものは既に賽は投げられているわけですから今さら嘆いたところでどうにもなるわけでもありませんけども、どうにもこうにも好きな事が不得手でたまらない、全くといって才能がない。かといって、他の事への才能があるかというと、別に何も得意なものがないので基本的に人間性能が低いだけなんですよね。何かしらでちょっと勘違いするくらいの能力には恵まれていたかったですなぁ。好きなものは好きって事でそれなりにやってはいくんですけど、それなりに手応えを感じる瞬間もあるんですけど(その刹那絶望したりするけど)。

 はい、ヘタれの愚痴です。