“2014/04”な記事

杵の川酒造さんの蔵開きに行ってきたよ。link

 なんと、ワタクシ、今年は酒造メーカーさんのところへ酒蔵開き体験をして参りましたー。うおおおおー て実は去年も行ってたりして、去年の今ごろって全然更新とかしてなくて、結果的にここでお知らせするのは初めてになっているだけなんですけども……。まぁまぁ、そんな事もある、そんな事ばかりでもある。


 昨年も参加させていただいてますので、勝手とかも若干わかっているのですけども、今でもたまに寄らせてもらっている立ち飲み屋さんで情報を確認しまして、ふむふむと。気持ちが高ぶります!


 当日、私が住んでいるのは長崎市、杵の川酒造さんがあるのはお隣の諫早市って事で、途中はJRで移動しますよ。隣の市と言えども距離は30Kmくらい離れておりますのでそれなりに時間がかかります。


 諫早駅に着きますと、入り口の看板には何故かくまもん氏が。この野郎、どこにでも出てきやがる…… :-)


 諫早駅から杵の川酒造さんへもそれなりに距離があるのですが、そこは送迎バスが随時運行されているので安心です。今回はタイミングよく駅に着いたらすぐ乗れましたよー、お世話になりますー。


 会場へ着きましたら、まずは枡、枡酒ですよねー。という事で、丁度お昼時で人が多い行列にいそいそ。周りはもう超宴真っ盛りな雰囲気。みんな、飲み過ぎちゃったらいけないぞ!(


 さー、かんぱーい! ひゅーひゅー 今年の枡には「和」の文字が、去年の枡には「慶」でした。


 中庭みたいなところには枡酒と宴会スペース、露店的なお店が並んだりしてますが、建物内でもお酒の即売や特産品の販売が行われています。この辺から肴を仕入れてみなさん酔いどれ酔いどれ……。


 私もお昼ご飯替わりにかまぼこを買ってむしゃむしゃ。美味しかったよー、お酒もすっきり呑みやすい。ヤバい。


 そして会場の一角では職人さんによる酒樽作りの実演。職人さん超格好いい、しびれる。ボクも大きくなったら職人さんになる!


 板を合わせて作っていたはずなのに、出来上がると継ぎ目がわからない……。匠や、匠の技や。


 そうこうしているうちにあっさり空いちゃうから二杯目とか行っちゃうよねー、辛いよねー。


 それでも飽き足らなかったのか、お連れさまのお一人はちょこでの豪華七種呑み比べにも挑戦。このお猪口ももちろん貰えます。

 あ、先の枡ももらえるっていうか、最初の枡酒を200円で購入して、その後のお替わりは100円というシステムでした。昨年はずっと200円だった気がするけど、改善されたのかな、よく憶えてない。


 11種類の中から7種類を選びますよ。く、全部呑みたくなるのが人情ってものなのに……。

 そんなわけで、今年も大満足、大満喫して来年も必ず参加すると誓い合った酒蔵開き体験だったのでした。一部満喫し過ぎた人もいたような気もするけどねー。じゃーのー。

TOPANGA WORLD LEAGUE、開催決定!link

 TOPANGA WORLD LEAGUE|TOPANGA

 TOPANGA LEAGUA、ASIAリーグとくれば残りはこれしかないでしょう! 2014年4月10日からの4日間、またまたまた熱い週末がやってきそうですよ、刮目して待つ!

 「地球最強を決める時がきた!」

“うまかっちゃん 焼飯の素”なるものあるらしい。link

 【実食】九州人必見! 「うまかっちゃん 炒飯の素」はおふくろの味!? 日経トレンディネット

 子供の頃、というか今でも我が家の袋麺と言えば「うまかっちゃん」ですねー、before うまかっちゃんは「塩ラーメン」だった気がするけど。

 そんな欠かせない常備食、とか言って持病的にあまり食べないうまかっちゃんになんと「焼飯の素」なる派生商品があるらしいですよ。

 これまた持病的に焼飯の類いは辛いですけども、スーパー等で見かけたら購入してみようと思いますよ。うまかっちゃん、大好きー。

手塚治虫コレクション。link

 手塚治虫 - Google Cultural Institute

 Google Japan Blog: 手塚治虫コレクション、アトムの誕生日にGoogle 歴史アーカイブに登場

 Googleさんの歴史アーカイブに手塚治虫が満を持して登場しました。アトムの誕生日にあわせての公開らしいですよ、おしゃれー。

 手塚と言えば、漫画の神様でありまして、全ての漫画が手塚から始まって全ての漫画が終わってしまったと、まぁ、言われているような言われてないような。この言葉は結構当たっていると思うのですけど、最近の漫画だって面白いですよね。歴史が長くなればなるほど、二番煎じ三番煎じ感が出てくるのはどうしようもないわけで。しかしながら、手塚がここまでの才能に恵まれていなかったらこれほどまでにやり尽くされてはいなかったでしょうし、同時にここまでの多様性も得られなかったかも知れませんね。本当に多作です、多彩です。

 そうそう、手塚さんと言えば、最近こんな話題がありました。

 手塚治虫の机の「開かずの引き出し」が開いた!その発見資料と反響 - Togetterまとめ

 25年ぶりに開いた引き出しに、人間手塚治虫が垣間見えたような想いがしました。

 私は少し世代がずれていて、ちょっと後の藤子不二雄先生の子供な感じですが、その兄貴である手塚治虫先生の洗礼も思いっきり受けています。全ての作品を読んだわけではないので、いつか全集的なものを手に入れたいと思っていますよ!

“2001年宇宙の旅”、舞台裏写真集。link

 imgur: the simple image sharer

 「2001年宇宙の旅」の舞台裏がネットの海に放出される : ギズモード・ジャパン

 公開されたのが1968年(このボクでさえ生まれる前!)ですから既に45年以上も過ぎているというのに、未だに色あせない映像、そしてその影響力。今なお語り継がれる、スタンリー・キューブリックとアーサー・C・クラークが紡ぎだした壮大な物語。

 とか何とか適当にそれっぽい事を言ってみますが、よく意味はわかっていません。私もキューブリックさんはそれとなく好きでありますから同作も何度か観ています。BGMやナレーションなどがほとんどなく、淡々とした効果音などで進行したりしますから眠たくなってしまう映画としても有名だったりします。ですが、何故か回数を重ねる毎に眠たくなるどころか入り込んでいってしまう不思議な映画でもあります。あ、よく意味はわかっていません。

 その撮影風景はこんな感じだったのですね、当たり前ですけど監督も若々しい。当時驚きの映像は驚きのアナログ技術の集まりだったのでした。デジタルっぽい特撮が始まるのはスターウォーズからなのかなー。

スパ4、公式最後の覇者はときどさん。link

 「スパIV AE」最強の座が決定した公式大会「最強頂上決戦」レポート。Ver.2012の総決算となる優勝カップは,プロゲーマー・ときど選手の手に - 4Gamer.net

 今週末にはTOPANGA WORLD LEAGUEという世界っぽい大会がありますが、カプコン公式国内大会最後の覇者はプロゲーマーのときどさんと相成りました。ウル4へ向けて前倒しで練習していた事の成果が出たとの事でございます。

 そんな試合の模様は以下の動画でどうぞ。

 ときどさん素晴らしい。これからもがっつんがっつん活躍してくださいね!

スマホ版DQ VIIIへの道。link

 「ドラゴンクエストVIII」は,いかにしてスマートフォン向けに移植されたのか? 最適化からUI設計のポイントまでを開発チームが語る - 4Gamer.net

 先日開催された「Unite Japan 2014」での講演のレポート。ボクも参加したかったのにぃ、Unite。

 比較的古いハードから移植とはいえ据え置きマシンからスマートフォンですから、その作業はもの凄く大変だったのだろうなぁとは想像に難くないですが、Unityを活用して何とか切り抜けたようですね。興味深い内容でありました。とはいえ、この辺の規模のゲームをフマートフォンでは遊びたくないとか何とか……。

 ここのところ開発をとりまく環境の敷居は低くなってきているので、いつか私もゲーム開発に携わってみたいと思って久しいですが、そうこうしているうちに今度は乗り出すハードルがまた上がってきたような気がします。