手塚治虫コレクション。

 手塚治虫 - Google Cultural Institute

 Google Japan Blog: 手塚治虫コレクション、アトムの誕生日にGoogle 歴史アーカイブに登場

 Googleさんの歴史アーカイブに手塚治虫が満を持して登場しました。アトムの誕生日にあわせての公開らしいですよ、おしゃれー。

 手塚と言えば、漫画の神様でありまして、全ての漫画が手塚から始まって全ての漫画が終わってしまったと、まぁ、言われているような言われてないような。この言葉は結構当たっていると思うのですけど、最近の漫画だって面白いですよね。歴史が長くなればなるほど、二番煎じ三番煎じ感が出てくるのはどうしようもないわけで。しかしながら、手塚がここまでの才能に恵まれていなかったらこれほどまでにやり尽くされてはいなかったでしょうし、同時にここまでの多様性も得られなかったかも知れませんね。本当に多作です、多彩です。

 そうそう、手塚さんと言えば、最近こんな話題がありました。

 手塚治虫の机の「開かずの引き出し」が開いた!その発見資料と反響 - Togetterまとめ

 25年ぶりに開いた引き出しに、人間手塚治虫が垣間見えたような想いがしました。

 私は少し世代がずれていて、ちょっと後の藤子不二雄先生の子供な感じですが、その兄貴である手塚治虫先生の洗礼も思いっきり受けています。全ての作品を読んだわけではないので、いつか全集的なものを手に入れたいと思っていますよ!