“2014/07”な記事

ぺちぱな。Qってのをさらっとやります。link

 なんだか大型の台風さんがくるってんでバタバタしているようなしてないようなそんなこの頃でありますけども、急に暑くなりましたね、台風が来る前って蒸し暑くなって、そしてこの時期だと梅雨を持っていくみたいな感じですけども、果たして今回の台風さんもそうなってしまうのか、こうご期待。とかはどうでもよくって、いつものように告知でございます。

名称:ぺちぱな。Q 〜たまには決められた通りに繰り返すのもいい〜
日時:平成26年7月19日 午後1時00分 〜 午後5時00分
場所:長崎市立図書館新興善メモリアル会議室2(洋)
定員:15名
応募:ぺちぱな。Q 〜たまには決められた通りに繰り返すのもいい〜 : ATND

 今回はまたまたちょっと目先を変えましてJavaScriptっぽい内容でございます。enchant.jsっていうライブラリを用いまして、ゲーム作りっぽいのを体験してみようと思います。なんというか、よくわからないじゃないですか、ゲームの仕組みって。どうやったらいいの、みたいな。そんなところを掴めたらいいなーと思っています。

 またも「PHPer-na.」とはなんだったのかと言われそうではありますが、ええと、ほら、前回ちゃんとPHPな事やったし、やったし、やったし、そもそも「NO PHP.」である事こそが「ぺちぱな。」のあのその……。うん、ごめんなさい。

 ついに9回目を迎えまして、区切りの10回目へラスト2であります。ラストの10月の10回目までは少し日がありますが、それまではまだまだまだまだまだまだまだ張り切って挑んでいきたいと思います。引き続きよろしくお願い致します。

 それでは、PHPを使っている人、興味がある人、使っていない人、興味がない人、とりあえず一緒にお話をしてお話を聞いて学んで楽しんでいきましょう! お待ちしております。

ぺちぱな。Qってのをさらっとやりました。link

 いやー、大型の台風さんがくるってんで備えたらだいたいそれるよねーみたいな話が出てたような出てなかったような感じでしたけども、お陰さまで九州北部であります我らが長崎県ではそう大した影響を受ける事なく過ぎていってしまいした。一緒に梅雨も持っていってくれるかと思いましたけども、そうはいかずに少し遅れての梅雨明けとなりましたね。そうそう、この会の二日後に発表されました、今年の梅雨明け。と言ったところでいつものヤツ行ってみましょー。


 今回の講師的立ち位置は @eccyun さんでありました。「enchant.js使ってゲーム作りの入門ぽいのさー」という軽いフリに見事応えてくれました。途中どうなるかと思ったりもしましたけれど、信じてました、信じてましたよ!

 そんなわけで、今回もなかなかにいけていたドキュメントを下に。こういう風にドキュメントを作るのが「ぺちぱな。」、だと言う事にしてます、勝手に。

 ぺちぱな。Q 〜たまには決められた通りに繰り返すのもいい〜


 今回も目一杯集まってくださいました参加者のみなさま。キャンセルはあってもドタキャンなし、素晴らしい、ありがとうございます。スタッフをのぞくと15席しか用意できないこの会場も、最初の方は少し持て余してましたが今となっては手狭に感じさせてもらえるほど、感慨深いなぁ。


 そうそう、今回は裏方だったので配信番長さんも大活躍しておりましたよ。だんだん熟れてきてる、素晴らしい。これからも頼むぜー。


 今回、参加者さまが集まり過ぎて椅子が足りない危機がありまして、某人が用意してきてくれた椅子さん。結局大丈夫でしたけど、ボクが直に座ってたから。


 とかでワイワイとみんなで作っていきますよ。今回のお題はジャンプしないで移動するFlappy birdまがいなヤツだったのだけど、それをベースにあっちゃこっちゃの方向に進化させてた人もいましたよ。それどころかまったくベースにもしてないんじゃないか疑惑な方も現れたりしましたよ、こんなの作ってた! 何してくれてんすか! 嬉しいじゃないすか!

 title


 そんなわけで、いつもの通り最後は私が適当に適当な事を言って……、無事終了!

 いつかは趣味レベルのゲーム作りな勉強会をやりたいと、今となってはなつかしい「れいかい」の頃から申し上げておりましたが、ここにきてやっと辿り着きました。今後どうなるかわかりませんけれど、できればこの方向でも歩んでいければと思います。感謝です、感激です。


 それはさておき、参加率9割の懇親会へと向かう一団なのであった……。この日も楽しくよく呑み酔いました。私が話していた内容のほとんどが表に出せません:;(∩´﹏`∩);:

 あ、「ぺちぱな。天」あると思いますよ :-)

ーー関連リンクーー
 てんてーちぶ - ぺちぱな。Q 〜たまには決められた通りに繰り返すのもいい〜 でenchant.jsを使ってゲームづくりのハンズオンをやりました
 「ぺちぱな。Q 〜たまには決められた通りに繰り返すのもいい〜」を開催しました

MS-DOSとWordのソースコードのコメント。link

 公開されたMS-DOSとWordのコードには数々のジョークやイタズラが隠されていた - GIGAZINE

 例によって思いっきり古い話題を今さら掘り起こしてますけども、MicrosoftさんのMS-DOSとWordの初期のソースコードがコンピュータ歴史博物館に寄贈されたっていうお話。そして、その中に含まれるコメントには数々のジョークやら愚痴やらが含まれていたっていうお話。

 なんとなく微笑ましいお話ではありますね。日本でも昔のゲームのソースコードとかが発掘されたら似たようなコメントがたくさん出てきそう。

 公開されたバージョンが1.1と2.0っていうところに、流石に1.0は躊躇われたのかなぁとちょっと勘ぐったり。私は一人開発が多いのであまりコメントは書かないのですが(褒められたものではないです……)、書いておくのもいいかなぁと思ったりしましたよ。

あの人たちの机あれこれ。link

 天才は机が汚い?あの偉人のオフィス机を17人一挙公開

 人の仕事場とか机とか拝見するの大好き。宮崎駿さんの手前に見えるオーディオ機器らしきものとかもいいですねー。

 私もいつか自分のオフィスを持って魅惑の仕事場を作ろうと思っていましたが、もはや叶うこともないようで……。いやいや、まだまだ。

IEさんの「名前をつけて保存」にいじめられた。link

 Webページの保存方法−Webアーカイブ・単一のファイル:ネット関連のネタ-IE・InternetExplorer(インターネットエクスプローラ)の使い方

 Internet Explorerさんには「名前をつけて保存」に「完全」なんていう機能があって、それでWebページのアーカイブを取れるらしいのですが、それの使い方を誤ると困ってしまう事態に陥ってしまいます。

 コメントが勝手につくのは嫌な感じ - パソコンで遊ぶ - Yahoo!ブログ

 こちらのリンク先のページを拝見してくださるとわかるのですけど、件の機能でアーカイブしたページには先頭にIEさん用と思われるコメント文が追加されます。これはこれで何の害もなさそうに思いますけど、当のIEさんの挙動を変えてしまいますので注意が必要です。

 というのも、以前私らでアップロードしたページにJavaScriptでちょっとした仕掛けをしておいたのですが、“ある日突然急に何もしないのに”動かなくなったと連絡を受けまして、それがIEさんだけで発生する事態でありまして、あれやこれやと調査を重ねた結果原因がこれだったという非常に辛い目にあったからであります。

 しかもですよ、我々はWindowsユーザーではありませんから件の機能なんて使えるわけないんです。そして、ふと気がつくと公開URLが変わっていて、使用しているサーバーも我々がアップロードしたサーバーとは違うものになっていたりするんです、知らないうちに移設されていたんです。

 えー、どこの業者さまか存じませんが、こういうことも知らないでそういう風な作業は止めてもらえませんか。せめて中身を見てからやってもらえませんか。ちゃんと作業後確認してもらえませんか。ていうか連絡くらいしてください。こっちの所為にすんな。D社だろ、お前らD社だろ、そうだそうだ、D社に決まってる。ボク決めた、決めつけたし(長崎でD社っつったらボヤけるから大丈夫)。

 みなさん、見かけないコメント文を見かけたら気をつけましょう。

 というわけで、愚痴りました。ボクの数時間を返してください。お金も取れなかった案件さ……。

AngularJSさんの裏でDjangoを使うときに最初に実装したこと。link


 今の職場にお世話になってからもろもろを鑑みPHPを中心にやってきていたりしましたが、昨年の秋口くらいから開き直って好きなようにやろうってことで、表AngularJSさん、裏Djangoさんみたいな構成でWebアプリを作ったりしております。そんなこんなでそれなりにそれなりな知識も得てきましたので適当にメモしておきたいなぁと思っておりまして幾星霜……。

 とかいろいろありますが、とりあえず最初に実装した。と思われるものからコツコツと……。

 AngularさんとDjangoさんを一緒に使うときにまず問題として思われるのが、奇しくも同じになってしまっているテンプレート記号であるところの「{{ }}」ですよね。「アホか、Djangoなんて裏で使うんだからJSONとかデータだけ返しといてテンプレートなんて使わねえんだよ」という議論もあろうかと思いますが、何かと便利なので使ってるんです、ボク。

 そんなわけで、「{{ }}」だけ透過すればいいので、というか、文字列を挟んであげて出力させてあげればいいので、そういう風なカスタムフィルターを拵えました。


@register.filter(name='ng')
@stringfilter
def wrapped_angularjs_templatetag(value):
    return '{{' + value + '}}'

 Djangoさんでのカスタムフィルターの作成方法はドキュメント等をご確認くださいませ。

 {{ 'spam'|ng }} -> {{ spam }}

 みたいに変換されて出力されますよ。

 で、この話ってものすごく既視感あるなぁと思ったら、以前jQueryさんのTemplateプラグインを使った時と同じ内容なんですよねー。とか白々しい。jQueryさんのTemplate、あれからどうなってしまったんでしょうか、本体組み込み延期くらいまでは話題に上っていたのになぁ。まぁ、そんな時代。

 ここまで引っ張っておいてちなみに、ですが、

 jrief/django-angular · GitHub

 Framework的なのももちろん開発されてます、そらそうです。ボク使ってないので、誰か使って教えてくださいー。

OS X での 4K 対応模様。link

 OS Xでの4K対応強化と今後のiOSデバイスでの動向を考察する (1) OS X 10.9.3の内容 | マイナビニュース

 4Kディスプレイ、いいですよねぇ、欲しいですよねぇ。でも、買っちゃう前にお手元のMacさんの対応具合を調べておかねばなりません。

 OS Xさん自体は、OS X Mavericks v10.9.3 Updateにて対応しています。ただし、OSだけではなくてハード的な対応も必要のようです。そらまぁ、解像度が違いますものね、その解像度に合わせて情報を送るのですからそれなりの転送速度ってヤツが必要になります。

 そんなわけで、キモは出力端子であります。それも出力端子のバージョンサポートが問題になるようであります。具体的にはHDMIは1.4以降で、DisplayPortは1.2以降に対応していることが必要になります。DisplayuPortはMac的にmini DisplayPortでThunderboltでありますが、Thunderbolt 2からは十分な速度を得られるみたいですよ。

 これらを鑑みますと、対応している機種は記事中にありますようにMacBook Pro(Late 2013)と現行Mac Proとなるみたいですね。しかしながら、私が使っておりますMid 2012におきましても、HDMI経由で4K(30Hz)なら出力できそうです。実際出力できたっていう報告もWebに上がってます。まぁ、でも、ちょっとちらつきっぽいのは感じるかもしれないですねー、今は基本的に60Hzですし。

 がっかりー。と思いましたけど、私の旧式Mac Proさん、そう先日グラボを追加したりしたMac Proさん、そのGeForce GTX 760さんはDisplayPort 1.2対応ですよ、もしかしたらもしかしますよ!

 と思ってはいるけれども、普通に4Kディスプレイを買う余裕なぞないのであった……。