“2014/12”な記事

ぺちぱな。の忘年会2014。link

 とかいうのを調子をこいてやろうと思います。お昼に勉強会みたいなのないです。夜の忘年会だけです。

名称:ぺちぱな。増刊号 〜忘年会2014 今年のことは忘れてもぺちぱな。のことは忘れないでください〜(仮)
日時:平成26年12月20日 午後6時00分 〜 
場所:バー・ミツナガ
定員:20名
応募:ぺちぱな。増刊号 〜忘年会2014 今年のことは忘れてもぺちぱな。のことは忘れないでください〜(仮) : ATND

 ATNDで募集しているくらいですから、応募していただかないと参加できませんよ、会場貸切だけど。

 さらに調子こいて告知動画とかも撮影しちゃった。えへへ

カメラ修理職人さん動画。link

 カメラのお医者さん[大分カメラ修理センター]

 カメラの修理を専門的に行って50年以上という佐藤さん。どんなに細かいパーツでも、これはどのカメラのどこの部品なのか分かるのだそう。いやはや素晴らしいですね。今後もまだまだご活躍していただきたいものです。私はフィルムカメラを持っていないのでお世話になることができないのが淋しいくらい。

 こういう方もアスリートとかアーティストとか学者さんとかと同じで持って生まれてきた選ばれし方なので、私のような凡人が真似をして長く続けていても到底足元にも及ばないのですけど、今の道を続けていきたいなと思わされます。さぁ、もう少しだけ、もうちょっとだけでも……。

バリアブルさんを買いました。link

 Variable_Balans_Black_STE999-Natural_Ash / Variations Variable Balans / Variable™ balans® / Movement Chairs / Home - Varier Furniture - Movement chairs

 少し前のタイムラプス動画でもチラ見せしていたりしましたが、新しい椅子としてVarierさんのVariable balansさんを買いました。普通のオフィスチェアの類ではなく、いわゆるバランスチェアってヤツです。

 私はこの歳になってまで未だに実家に居候をしておりますが、唐突に何の相談もなしにリフォームするとのお達しを受けまして、無理矢理お部屋の掃除的なものを強いられてしまったのですけど、ついでだからとそこそこ断捨離的なものを断行しまして、まずは机をリプレース。私にしては頑張ってそこそこいい机を購入したものですから、そうなると椅子も購入してしまうかみたいな気持ちが芽生えてしまいまして、だったら椅子の方もそこそこいいヤツにしたいと何年か前に話題になりました中古のリープチェアとかもろもろ検討しておりました。

 そんな中、ふと思い出しましたのが件の椅子、バリアブルさんであります。実はこの椅子の存在を知ったのは随分と前で、軽く当Webページを検索しましたら十年以上前の記事でも軽く言及しております。曰く、バリアブルでいいのでSTOKKEの椅子も欲しい(←欲しいモノばっかりやな)。バランス取ってみてー。例のあれ(仮題)- 最近のたくぅさん。)だそうでございますよ。十年越しです、十年越しの想いを叶えました、やったぜ!

 長い間暖めておいた想いですから「即・決断」となるかと思うしますともちろんそうではありませんでした。何しろバランスチェアです、何しろこの形態です。見た目には非常によろしいですけども、とにかく座ってみたことがない。正確には以前福岡に行きましたときにちょっとだけ座ってみたことはありましたけども、長時間がっつり試座したことなんてありません。そして、当然のように長崎で展示しているところもありません。でまぁ、毎日のようにWebで商品説明を眺めてはもろもろ妄想を繰り広げたりしておりましたが、ある時、もう止めようと、買わないでおこうと、どうなるかわからない決してお安くもないものに手を出すまいと、想い出は想い出のままにしておこうと、や、別に想い出じゃないじゃん、なんなの、つまり買わないでおこうと思ったりしたのですが、ここまで思ってしまったものを買わないでは気持ちが収まらないだろうな、お金で済むことならそれでいいんじゃないと、例のごとく烈火のごとく心変わりをしまして購入と相成りました。

 前置きが大変長くなりましたが、そんなこんなで二十日ほど使ってみました感想であります。椅子というのは大変難しいもので、身体とか嗜好によっても合う合わないがありますし、用途によっても向き不向きがありますので一概には言えないのですけど、私は凄く気に入っていて、購入してからというものずっとバリアブルさんに座っています。もちろんメリットデメリットとあって、ローラーとかがないので動きがとれないし、背もたれに向かってグッと伸びをするみたいなこともできませんのでゆったりと座るみたいなこととは無縁です。けれども、ユラユラグラグラ揺らしてバランスをとって座っているのが凄く心地よく感じられます。作業中でもついつい前後にグラグラ遊んでます。それに型通りの座り方を続ける必要はなくって、足を投げ出したり、膝当てのところに足を上げたり、座面の上であぐらをかいたり、なんだったら後ろ向きにも座れたりします。意外と自由度は高いですよ。

 しかしまぁ、他の人にもお勧めできるかというと、それもまた微妙だったりするのですよね。前述した通りゆったりと座るみたいなことができませんので、長時間ドカっと座って何かをするのには向きません。これまではとは違うところが痛くなります。特に座面が前傾しているのでお尻の負担が大きいし、膝当てもずっと使っているとやはり脛の辺りが痛んできます。辛くなってきたら姿勢を変えればいいのですけど、それが嫌な人には絶望的に向きません。痛くなったら休憩するみたいな割り切りが必要かもしれませんね。

 ものすごい集中力で身動きもせず一心不乱にデスクワークするような向きには必要ありませんけども、ボクみたいに落ち着きなくていつもふわふわしていたい人にはお勧めできるかもしれません。いいオフィスチェア持っていて二台目とかにもいいんじゃないかなぁ。とりあえずボクは後悔してませんし、まだまだ座り続けていくと思いますよ。いつかはグラビティいきたい!

ーー追記ーー
 そうそう、ボクは子供の頃からロッキングチェアとかにすごく憧れがあったので、その方面での嬉しさもありますねー。まぁでも、座りっぱなしーなコンピューター関係の皆様は普通に普通の椅子を買いましょう。