iPhoneケースさんを買いました、主義を曲げて。

 私も御多分に洩れずずっとiPhoneさんを使ってきておりますが、昨年の10月辺りの特典祭りみたいなのにうっかり、でもないですけどすっかり、でもなく乗りまして今はiPhone 6さんを使っています。そうです、6 Plusではありません、普通に6です。無印がいいのか、Plusがいいのかなんてのは興味がありませんが、私はだいたい左手だけで使うことが多いので6にしました。あ、あとスペースグレーです、白いの好きだったけどホームボタンのフチがキラキラなのが嫌いだったので、成金ゴールドとか何をかい(ry 個人の感想です。

 まぁ、そんな事はいいんです。とか言って本題に入る振りをしながら例によって前振りが続くんですけど、iPhone 6さんね、画面は大きいし表示も綺麗だし触った感じも気持ちいい、本体の厚さも薄いしアルミのサラっとした手触りが本当にサラサラで気持ちいい。いやー、気持ちいいですよ、ちょっと大きすぎて手にあまる感じもそれはそれで気持ちいいですよ、だって触り心地がいいんだから、気持ちいいに決まってるじゃないですか。あまりの気持ちよさにね、やっちゃいましたよ、サラつるっと手を滑らせて道路に落下からのパリーン、買って二週間も経たないうちにね。

 ちなみに、iPhoneさんを修理に出すときはキャリアじゃなくってAppleさん方面へ直なんですね。割ったその足でauショップさんに駆け込みましたら「こちらではなくあちらへ」とサポートセンター的なところを紹介していただきました。その時対応してくれたお姉さんの気の毒そうな顔が忘れらない……。そのサポートセンター的なところで新品交換と相成ったわけですが、保険的なのにももちろん加入していたので料金8000円でありました。後一回まで8000円で交換可能なんだそうです。

 よし、後一回割れる。

 とかなんとか思いまして、割ったその後もそのまま裸で使っていたのですけど、だって、ほら、ボクって昔っから裸で使う主義じゃないですか、別に傷が入っても使うのに支障がなければ問題ないし、逆に風合いでていいじゃないとか思う人じゃないですか。じゃないですかとか言われても知りませんよね、ボクもこの言い回し大嫌いです。だって、なんだかイラっとするじゃないですか(

 でもね、もう無理です。今回ばかりは駄目です。諦めました。丸みを持った形状は好きだし素晴らしいけど、あまりに持ちにくい、や、持ちにくいというか滑りやすい、滑りすぎる。握りやすいはずなのに、心地がいいはずなのに。各所で言われてますけど、本当にするっすると手から滑り落ちていくんです、そのくせ大きいからがっちりと両サイドから掴むみたいなことがやりにくいんです。手につかないんです、引っかかりがないんです。そう、無くしてから気がつきました。iPhone 4以降のあの角ばった感じ、やもすれば手に刺さるわとかなんとか言っていたあの角ばった感じ、角ばり具合が大事だったんです。そして小さめのサイズ、ディスプレイサイズは犠牲になっていたかも知れませんけども、あのサイズ感、すっぽりと手に入るサイズ感が大事だったんです。あれでしょ、もうあれでしょ、ケースを付けるのが、ケースを買わせるのが前提でございましょう。純正ケースはカラバリとかあって種類も豊富だし、背面カメラなんて飛び出していて如何にも保護対象然としているじゃありませんか。失敗でしょう、今回ばかりは失敗ですよね。iPhone 6さんのデザインは失敗してるんでしょう。

 ほとほと思い知りまして、周りから言われていたときには頑なに拒否していたくせにケース探しを開始したのですけど、ないんですよねー、付けたいのが。あまりに薄いやつだと効果を期待できなさそうだと、ゴツゴツ頑丈メインで選んだら今度は大きくなりすぎて、ただでさえ大きかったのに、結局こんなに大きくなるならPlusで良かったじゃんとかも思いますし、気休めだからと薄いやつを付けるにしたって透明だと面白くないし、かといって付けたいと思う柄のものもない。

 我ながらどうかと思いましたけど、何度も落としながらその時を待っておりました。手からするりと抜け落ちる度に肝を冷やしておりました。画面を下に落ちたときにはドキドキしながら、祈るような気持ちになりながらひっくり返したりしておりました。そして、ついに来ました。ついに来ました、その時が。コレだと思うケースに、付けたいと思うケースに出会うその時が。


 それがこれ、蒔絵調のカバー。北斎の神奈川沖浪裏です。いかにもだろう、いかにもいかにもだろう。だがそれがいいのです。

 地元のデパートで金沢物産展的なものが催されまして、そこで見つけました。正確にはその物産展をローカル番組が取り上げて、それをたまたま見た人のテレビ画面の写真付きのtweetをみて知りました。いりませんね、そこまでの情報は。


 これはもう手に入れねばと物産展へ。数々の美味しそうモノを横目にキョロキョロと周りをうかがいましてみつけました、売り場を。その瞬間「うおおー」とテンション上がりまくりですよ。たくさんだもん、たくさんあるんだもん。あまりにガヤっているので販売しているお父さんが実際につけているiPhone 6を見せてくれたり、「付けてみていいよ」と言ってくれたり、どれにするかずっと迷っているボクに「ゆっくり満足するまで選んで」と声をかけてくれる有様。ありがとうありがとう。

 お連れ様ともよーく吟味相談してやっとひねり出した答えが上記のケースでございます。本当に苦しかった、この決断は。四つでも五つでも、なんだったら全種類欲しいくらいにどれも素敵だったよ。未だに未練たらたらのも幾つかある! しかし、最初に目にした時からこの青色が輝いて見えたのだ!

 それ以来、迷惑がられながらも会う人会う人に見せびらかしながら使っていますよ。お気に入りです。今のところまだ飽きてません。あれだけ裸で使う使う言っていたくせに180度ですよ、くるっとですよ。

 もともとがサラっとした手触りだったので、多少ベタっとした手触りはあまり好みではないけれど、逆に手にくっつく感じがあって安心したりもします。薄さも少し使うと慣れてしまって気にならなくなるけど、たまに外して持ってみるとやっぱり「あー」と思ってしまいますね。これはもう仕方がないなぁ。

 あ、あと、やっぱりですが、ネットでも買えます。良かったらどうぞ。ふふ