上村さんと小田部さんとすがやさんのお話。

 ファミコンの生みの親とスーパーマリオのデザイナーが登場! - GAME Watch

 この手のイベントは定期的に開催されているような気がしますが、毎回毎回興味深く楽しみに拝見してしまいます。上村さんも変わらずお元気そう。

 ゲームウォッチ版のドンキーコングは友人が持っていて、最初に遊んだ時の衝撃ったらなかったですね。十字キー馴染みすぎ。そして、今思うととっても既視感溢れる上下2画面でしたしねー。ファミコンの発売当時も競合他社はいくつもあって、ほぼ同時期に家庭用ゲーム機が発売されていたりしますが(まぁ、他のは家庭用コンピューターみたいな立ち位置だったりもしたけど)、最初の方はよくあるようなスティックタイプのコントローラーが付属していましたね。ゲームにもよるんだろうと思いますが、手に持って操作するには適していなかったので、いつの間にかファミコンみたいなスタイルが一般的になりました。もちろん十字キーそのものをコピーすることはできませんでしたけど。

 ゲームセンターあらしも夢中になって読んでましたねぇ。もちろん子供にとってもわかりやすく荒唐無稽なのですけども、なんだかんだで楽しんでました。そう、ボクはコロコロ派だったんだ。記事にはありませんが、あらし達が登場していた「こんにちは、マイコン」をもう一回読み直してBASIC勉強したい。

 何度か言っていますけど、年を重ねるとこういう話を懐かしく思い出せるようになります。悪くないですよ。みんな年取ろうで(とか言っていの一番に死にそうなヤツな)。