中村さんと長畑さんの対談記事。

 「不思議のダンジョン」の絶妙なゲームバランスは、たった一枚のエクセルから生み出されている!? スパイク・チュンソフト中村光一氏と長畑成一郎氏が語るゲームの「編集」 | 電ファミニコゲーマー企画記事

 中村さん、いつまでもお若いなぁ。と思ったけれども、早くからご活躍なので実際にお若いのよね、この人。

 私ら世代だと、元祖ドラゴンクエストプログラマーなのでありますけど、デビュー作とも言える「ドアドア」のPC-88版を友人宅で遊んだ記憶があるので、本当に幼い頃からお世話になっております。

 長畑さん、失礼ながら私は存じ上げておりませんでしたが、チュンのローグ系ゲームの裏にはこんなレジェンドな方がいらっしゃったのですね。

 実は私、ローグ系のゲームには興味だけはあるのですけど、実際に遊んだことはありませんで、これを機会に過去作をVCだの何だので購入しまして遊んでみようかなと思っております。レベルデザインの職人芸、体感したい!