VRで期待してしまう一番の事。

 PlayStation VR『DRIVECLUB VR』を非ゲーマーの車好きに遊んでもらった:「永遠に楽しめる」|ギズモード・ジャパン

 興味だけはありますのですが、経済的な理由だったり、或いは経済的な理由だったり、はたまた経済的な理由だったりしまして未だに入手どころか体験すらした事がないのですけど(全部経済的な理由じゃないか、それでいてものすごく期待しているかというかというとそうでもなかったりもします。とはいえ、期待していないのかというと期待しているのですけど。各方面で散々言われている事ですが、今はまだ過渡期って事なんですよね。HMDかぶるのも嫌だし、動きが制限されるのも嫌だし、なんたって3D酔いするの本当に嫌で嫌でたまらないし。

 でも、そんな事はお構いなしに体験したくならないのが、件の記事にあるドライビング系のこのジャンル。これはもう相性良すぎでしょ、この手のゲームで自由度が低かったり、やもすればストレスになるのが視点や視野だったりのにそこが自分の思い通りになるのだから。それに乗り物(人工物)であるからシミュレーションも比較的やりやすい、もちろんかなり前からジャンルとして存在するから技術的にも向上してきてる。最高だ。あと、ボク好き、大好き、乗り物もレースもゲームも!

 と思うのだけど、やっぱり経済的な理由にて、うーん……。ハードだけじゃなくて環境とかも普通に困ってるしなぁ。