MySQL 4.0.12は安定版ですよ。

 このサーバでも活躍中のMySQL。そのバージョン4.0系がついに安定版へ、今までの3.23系は「過去モノなんでよしなに」となりました。
 一昨日、3.23.56をダウンロードしようとして覗いたら安定版になっていて驚いたりしましたが、どうせなので4.0.12を導入する事に。つぅても、このサーバではなく自宅のPowerBookなので、動かなくなってもさほど影響ないしねー。

 そんなこんなでインストールしましたですが、私の環境のテーブルはすべてMyISAMだった事もあってか、上書きインストールで何の不具合もなく稼働しておる様ですーー一応バックアップは取ってますーー。ただ、管理権限を扱うuserテーブルの内容が、更に細かく権限設定出来る様に変更されてまして、mysql_fix_privilege_tablesスクリプトを実行する必要があります。あと、「マニュアルにはISAMをMyISAMに変換せれ、スクリプトも用意してあるから」なんて記述もありますね。

 で、最近じゃぁ、「こっちの方が速いんじゃないの?」なんて事も言われるテーブルタイプ、InnoDBに切り替えようかとも思ったのだけど、めっきりWebObjectsな人になっているんで、もはやトランザクションとか外部キーとか必要なくーーWebObjects、と言うかEOFが変わりにやってくれるーー、テーブルを作るのもWebObjects側のツールから行ってSQLを書かないーーInnoDBを利用する場合、create tableにオプションを指定する必要がありますーー体たらくぶりなので見送り。一応、有効にしてコンパイルしたんだけどね。
 ちなみに、4.1ではついにサブクエリに対応するらしいけど、これもまたWebObjectsでやっていると関係ないんで「別に」って感じーーと言うか、SQL自体ほぼ書かないーー。まぁ、安定版がリリースされるのはいつだよ、って事もあるけどなー。