“2005/04”な記事

グランディア III。link

 公式

 セガサターンと共に過ごした者にとってはちょいと特別なタイトルだったりするグランディア。その続編の公式サイトが公開されております。
 グランディアIの魂を受け継ぐ、大冒険活劇が始まる。(←公式「Info」参照)って事で、私的にかなり期待。II、エクストリームと微妙に不評だった事に気が付いた模様(←スクエニの力か)。

 ちなみに私、IIはDCでそれなりに楽しみつつクリアしましたが、エクストリームに関しては途中放棄してしまっています。IIIは気合い入れて作っておくれ。

ネタが浮かばない。link

 今更だけども所謂Webサービスなんてモノでもやってみるかと思案してみて、自前でコンテンツをひねりだすのもいまいちモチベーションが上がらないし面倒だしと思っていたら、「そうだ、アマゾンさんがあるじゃないか」とか思い出して軽く調べてみると、別にSOAPとかやらなくても直接XMLで受け取れたりするので、「その方が取っ付きやすいかもなぁ」と日和見がちな雰囲気を醸し出すも、「なんかWebObjects使うのにソレないジャン」と思い、「WebObjectsにおけるWebサービスの扱い」みたいな文書を読もうとしたら案の定英語だったので「面倒くさ」と躊躇しているところ。
 です。今。

 というか、このアマゾンさんのWebサービスを活かした何かってのが全然思い浮かばないのが一番の問題。そして、一番ダメなところ。アソシエイトプログラムに参加しているわけでもないし、たまに本やDVDを買うくらいでアマゾンさんのサイト自体にも不満があるわけでもないしなぁ。

最近視聴中のドラマ。link

 「テレビはあまり見ない」なんて言っている私ですけども、実はよく見ている事に気が付きました。て事で、最近見ているドラマ。

 義経 ー NHKの大河ドラマ。去年の「新選組!」でくせになってしまいそのまま見続けている。と言うか、本当に時代ものが好きになってしまった感じ。義経さんとその周り(←除く上戸)の演技が微妙。

 ファイト ー NHKの朝ドラ。なんだかんだで第2週が思いのほか面白く、実は楽しみにしている。が、ちょいちょい見逃す。けど、土曜日のBS2での一週間分丸ごと放送に今日気が付いたので今後は大丈夫。本仮屋さんは基本吃驚顔かも。

 ER X ー 滅茶苦茶大好き。だけども、見始めたのは去年からの新参者。スーパーチャンネルで放送中のIIも視聴中。米国で今放送しているXIシリーズ限りでカーター先生が降板するらしい。

 あと、アタックNO.1は見ようかなと。

今頃気が付いたスカイプの事。link

 Skype

 音声通話だけなのかと思っていたら、IMとかファイル転送とか出来たのね。「こら、普通に打ち合わせとかに便利そうじゃん」て事でアカウントだけ作ってみた。そのうちヘッドセットとか買わなきゃね。

 や、iChatとか既存のモノでも出来るのだけど、最初に電話と謳っているだけで受けがよさそうだからなぁ。

Tiger関係。link

 あ、安くなってる<Mac OS X Server v10.4(10クライアント版)。62790円だったのが52000円。

 あと、うちのG5さんのグラフィックボードはCore Image対応から外されてるし。

万年筆が好きです。link

 えと、思いっきり「にわか」なのですが、万年筆に興味があります。

 もともと筆記具好きの気はあって、子供の頃は書きやすい固さの鉛筆を探求したり、握りやすいシャープペンシルと滑りの良い替芯を求めて友達の替芯と互換性のないシャープペンシルを使って難儀したり、変な色のボールペンを求め過ぎた結果ノートがうるさくなってしまったりしていました。
 大人になるにつれ(←しかも職業があれですから)すっかり字を書かなくなりその手の情熱は影を潜め、そこらのペンを有り合わせ的に使う様になっていたのですが、去年あたりから「字を書きたい」と思う様になり、あえて手書きの手帳に移行したり、請求書や領収書の署名を手書きにしたりして、油性の3色ボールペンとかを贔屓しておりました。
 そうこうしているうちに、「そう言えば、子供の時には興味があったのに、結局使った事がない<万年筆」と気が付きました。と同時に、長崎には何だか昔から有名な店があったなと思い出しました。

 そのお店の名は「マツヤ万年筆病院」。ググってみて吃驚、まさかオンラインショプがあるとは。

 私は32年間長崎市内で、このマツヤ万年筆病院さんのある「浜ん町」商店街に近いところに住んでおりますから、何度となくお店の前を通りました。が、一度しか入った事はありません(←しかも両親と一緒に)。何だか敷居が高い様な感じなのです、何となく万年筆からくるイメージか来る者を拒む様な雰囲気を漂わせているのです。
 しかしね、私ももういい大人です。「ここは一つ、その雰囲気を味わっておくか。お店自体が無くなっちゃうかも知れないし(←失礼、失礼過ぎる)」と珍しくお出かけしてみました。
 実際お店に入ってみると、別にこう異様な雰囲気があるでもなくお店の人も愛想よく接客してくれます(←いや、当たり前なのだけど、勝手なイメージがさ)。暫く店内を見て回りましたが要領を得ないし、買えないのに価格が高いモノばかりに目が行ってしまうので、「最近興味を持って万年筆が欲しいのだけども、できるだけ安くて楽しめる様なのはありませんか」と聞いてみると、「5000円のからは金が入るのでお勧め」とのお返事。正直、「え、ドコに金が入るの」な私だったのですが、色々と質問したり試し書きしたりして一本チョイス。ブルーのスペアを一つ入れてもらえました。

 予算的な事もあってか万年筆の種類自体は2種類ぐらいだったのだけど、同じ種類のを複数試して気に入ったのを選ぶみたいで5本以上試しました。お店の人が先に試して、「コレで書いてみて」、「次コレ」みたいにガンガン話が進んで行くやり取りが何だか妙におかしくて良かったのでした。
 家に帰って、使用済みインクジェット紙でガシガシ試し書きして楽しんでおりますが、何だか良い感じです。次はもう少し予算を張り込んで購入しよう、せめて2万円くらい(←微妙ですが、私には十分に贅沢です)。
 でもあれだよね、日本語にはあまり向かない筆記具だよね、細い線にするには限度があるだろうし、縦書き長文だとインクが乾くのを待ちながら書かないとエラい事になってしまうし。

Developing with Core Data の翻訳版。link

 WebObjects基礎研究

 登場が近いMac OS X 10.4の新機能の一つ、「Core Data」のAppleさんの文書の翻訳版。

 WebObjects屋さん的には、わりとわかりやすい慣れ親しんだ風の概念でございますね。関係ないのでアレですが。

最近視聴中のドラマ。の2link

 アタックNO.1 ー 多分見続けます。さり気なく「あの三位一体攻撃の?(驚き)」とかやっていて笑った。キャストの実年齢の強引さも相変わらず。

 タイガー&ドラゴン ー 西田さんの師匠 <-> 債務者のくだりがベタでつぼ。スペシャル見たかった……。きらきらアフロな向きには、来週ついに「とぅっきりとぅる」みたいですよ。

 あと、朝から真珠夫人の再放送をやっているので観てます、初見ですけど。……テレビ好きだよな、普通に。