Touch!ボンバーマンランド の3

 さて、素敵なアマゾンさんは19日発送だったのに、佐川さんが昨日(22日)に届けてくれたので二日遅れで参戦です。ちなみにバトルパックでしか遊んでいません。

 昨日はメンバーが集まらなくて、APIの内容、仕組みには詳しいが使いどころがよくわからないとおっしゃる某ナイスなガイ(←何だか格好いいぞ)と二人でWi-Fi対戦。最大4人までWi-Fi対戦可能ですが、何人でやっても足りない分をCOMキャラが補充してくれて絶えず8人対戦の形です。マリカの対戦は楽しいのだけど、人数が集まらないと(集まったとしても4人だけど)ちょいと淋しい感じなのでこの仕組みはいいなぁ。とメトハンの時にも言った、はい。

 ゲームの内容は8人で爆弾を仕掛け合って爆発に巻き込まれると負け、最後まで残った一人が勝ちというもので、3本セットのポイント制で最終順位を決定。それがDSの二画面を狭しと展開されます。Wi-Fi対戦時にはノーマルステージしか選択できないものの、数も種類はそれなりにあります。
 お互いに倒し合うという昔ながらのシンプルな作りのゲーム性で、ボンバーマンの対戦は初めてだったのだけど、何故だか妙に楽しい、妙に面白い。微妙に操作感がリニアではない感じでちょっともどかしく、不用意にやられてしまったりする事もままあるのだけど、何だかテンポも良いので「それはそれで」と楽しめてしまう。アイテムで足の速さや爆発の大きさを拡張(縮小)できるのだけど、それをやり過ぎて自爆しまくったりもする。が、それがまた可笑しくて楽しめちゃう。
 そして倒された後は見てるだけ……、ではなくて、場外から爆弾を投げ入れる事ができてそれでライバルの誰かを倒すと変わりに復活できる。これ、ちょっとの事だけど凄く良い。テトリスDS等でいの一番に終了してしまう私にとって、何という福音なのでしょう。なかなか難しくて復活に至る事は少ないのだけど、干渉できるのとできないのではえらい違い。これ一発でかなり評価が上がったぜ。ハドソン、偉い。

 ただ、何だかとっても難しいね、勝つのは。前述のうっかり終了も多いし、ライバルが7人もいるしで一位になるのは大変。その分、3セット全てで最下位になるのも難しかったりするのだけど、某あの人ならやってくれるはず(←誰だよ)。
 二人でやっていてもたまにラグで止まってしまう事があったので、4人でやった場合その辺りが少し心配だけども、まぁ、然程酷くならないと信じたい(←非科学的だ)。

 そんなわけで、すぐ飽きちゃうかも、という一抹の不安がないわけでもないけど、Wi-Fi保有の方々様は買いじゃないでしょか、これを機会にぜひ参戦を。この夏はWi-Fi対戦ボンバーマンとリズム天国で熱い。のかも。