逆転裁判4、絶好調の模様。〜逆転裁判4 の10〜

 カプコン、DS「逆転裁判4」発売2週間でシリーズ最高の50万本を出荷。シリーズ累計でも200万本を突破(GAME Watch)
 ITmedia +D Games:法廷に「待った!」と「異議あり!」の嵐が吹き荒れる——オドロキの新章に突入した「逆転裁判」 (1/3)
 DSゲームレビュー「逆転裁判4」(GAME Watch)
 逆転裁判4(通常版)(特典無し)(Amazon.co.jp)
 “逆転裁判4”を楽天市場で検索

 株式会社カプコンは、4月12日に発売したニンテンドーDS用法廷バトル「逆転裁判4」が、発売から2週間で50万本出荷を達成したと発表した。

 て事で、シリーズ最大のヒット作となります程の好調ぶり、喜ばしい限りでございます。まぁ、前3部作とは市場規模が若干違いますので一概にどうとは言えないかも知れませんけども。

 例え最高の売り上げを誇ったとしても最高のデキであるとは言えないわけで、私は未だ2章あたりでまったりしていますけども前三部作ほどの熱中度は少し影を潜めている感じ。しかしまぁ、それは私の現状というものがそうさせている面もございますからこれまた一概には言えません。
 とはいえ、もちろん面白くないわけがあろうはずもなく、序盤から伏線張りまくりの一本通して解明される謎であったり軽妙な台詞回しだったりは健在だし、謎解きにまつわる3D的な新要素もなかなか楽しい。それでいて基本はずっと変わらないあのスタイルなので安定感もあるし遊びやすい。
 キャラが一部を覗いて(←と言うか、ナルホドくん)総変更されていて若干淋しい様な気もするが、あからさまには出なくとも相変わらずである事を暗示するニクい作りであったりもするのでそれはそれで嬉しかったりもする。

 遊ぶ方にもマンネリ感があるのか若干パワーダウンしてしまった気もしますけども、買いである事には全く変わりありません。新しい主人公であるオドロキくんは若い頃のナルホドくんとキャラがカブっている感じですけども、恐らく次回作(←気が早い)でも主人公でしょうし今後に期待したいものであります。

ーー追記:'07/04/28ーー
 GAME Watchのレビュー記事へのリンクを追加。