疲れ目に蒸しタオル。

 花王など、「パソコン作業の目の疲れには蒸しタオルが有効」学会で発表へ:ニュース - CNET Japan

心地よいと感じる約40度の 蒸しタオルを目にあてて、3分間(蒸しタオル1本を使用)、もしくは約10分間 (蒸しタオル5本を連続使用)温めることで、VDT作業で低下したピント調節力 が回復することが明らかになった。また、蒸しタオル使用後の感想を調べたと ころ、3分間に比べ、10分間と長く温めた方が効果を実感する人が多いことが 分かった。

 5本連続で丁度良い温度の蒸しタオルを用意できる環境は床屋さんくらいではないのだろか。

 床屋さん、疲れ目知らずだな。いいなぁ。