motoGP、2008年のカワサキのカラーリング。

 MotoGP速報ニュースサイト インテリマーク - カワサキが2008年マシンのカラーリングを公開

 格好いい、無駄に格好いい、とにかく格好いい。黒がカーボンむき出しって辺りがいいよ、凄くいいよ。ゼッケンの赤縁取りも素敵。

 そらそうと、カワサキも来年はスクリーマーエンジンになるとか書いてますね。4スト化により扱い難さが押さえられるのでパワー重視と言う事かも知れませんね。
 ちなみに、スクリーマーと比較されるビッグバンエンジンは(←というか、このエンジンが登場したことで従来のエンジンをスクリーマーと表現される事が多くなったのだけども)、当時2スト500オンリーであったGP1(←これまた当時の呼び方)でドゥーハン車のNSRに投入されたもので、転倒クラッシュするまで7連勝を果たしていろんな意味でぶっちぎったエンジンであります。その内容が発表された時に、「あのホンダがパワーを捨ててまで扱いやすさを取った」と話題になったりしました。
 その後、ほぼ全車にビッグバンエンジンが搭載され優位性を失ったドゥーハンさんは、「俺に扱いやすさなんていらねーんだよ。そもそも連続チャンピオン取ってんだからちょうどいいハンデだ、スクリーマーに戻しやがれ」と言ったとか言わないとかでドゥーハン車はスクリーマーに。本当かどうかはもちろん知らない。